Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ザフライングダッチマン (The Flying Dutchman) はイギリスの競走馬である。19世紀中ごろの強豪で16戦15勝、エプソムダービー、セントレジャー、大ロシア皇帝陛下プレート(現在のアスコットゴールドカップ)勝ちなどの成績を残した。セントサイモンの父ガロピンのブルードメアサイアーでもある。2歳時はシャンペンステークスなど5戦5勝、3歳になっても勢いは止まらず8か月ぶりに出走したエプソムダービーでもホットスパーを下し勝利、さらにセントレジャーも勝利しイギリスクラシック二冠を達成した。4歳になっても大ロシア皇帝陛下プレートを8馬身で圧勝するなどしたが、ドンカスターカップで生涯唯一の敗戦を喫している。相手は無敗の二冠馬ヴォルティジュール(セントサイモンの父方祖先)で、ザフライングダッチマンの騎手チャールズ・マーロウは泥酔しての出走だった。このため馬主・エグリントンはすぐに再戦を申し込み、翌年2頭のマッチレースが実現した。マッチレースはヨーク競馬場の2マイルで行われ、掛け率は互角。ザフライングダッチマンには名誉回復のためにマーロウが跨っていた。レースは当初ヴォルティジュールが先行し、その3馬身後をザフライングダッチマンが追った。そして直線入り口からゴールまでは2頭ならんでの激闘が展開され、競馬史に残るマッチレースとして現代に語り継がれている。結果は徐々に差を詰めたザフライングダッチマンが先にゴールに達し、1馬身差でヴォルティジュールに雪辱した。ザフライングダッチマンはこのレースを最後に現役を退いている。なおマーロウは名誉回復を果たしたものの、泥酔の件が大きく響いて信用を失い、次第に競馬界から追い出される形となり、最期は貧乏窟で亡くなった。引退後は種牡馬となったがほどなくフランスに輸出された。現役時代からの期待に比べれば成功したとはいえないが、フランスでの産駒ドラールがアンドロクレスを出し直系を繋いでいる。子孫はトウルビヨンや日本ではシンボリルドルフ、メジロマックイーン、トウカイテイオーなどが代表格である。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 316817 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2789 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 55 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46904562 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:f
prop-ja:ff
prop-ja:fff
  • Selim
prop-ja:ffff
prop-ja:fffm
  • Alexander Mare
prop-ja:ffm
  • Bacchante
prop-ja:ffmf
  • Williamsons Ditto
prop-ja:ffmm
  • Mercury Mare
prop-ja:fm
  • 1821 (xsd:integer)
  • Cobweb
prop-ja:fmf
  • Phantom
prop-ja:fmff
prop-ja:fmfm
  • Julia
prop-ja:fmm
  • Filagree
prop-ja:fmmf
  • Soothsayer
prop-ja:fmmm
  • Web
prop-ja:inf
  • (ウッドペッカー系(ヘロド系) / Selim3×4=18.75%)
prop-ja:jbis
  • 334894 (xsd:integer)
prop-ja:m
  • 1836 (xsd:integer)
  • Barbelle
prop-ja:mf
  • 1818 (xsd:integer)
  • Sandbeck
prop-ja:mff
  • Catton
prop-ja:mfff
  • Golumpus
prop-ja:mffm
  • Lucy Gray
prop-ja:mfm
  • Orvillina
prop-ja:mfmf
prop-ja:mfmm
  • Evelina
prop-ja:mm
  • 1822 (xsd:integer)
  • Darioletta
prop-ja:mmf
  • Amadis
prop-ja:mmff
  • Don Quixote
prop-ja:mmfm
  • Fanny
prop-ja:mmm
  • Selima
prop-ja:mmmf
  • Selim
prop-ja:mmmm
  • Pot8o's Mare F-No.3-i
prop-ja:name
  • ザフライングダッチマン
prop-ja:netkeiba
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:
  • アール・オブ・エグリントン
prop-ja:
  • ザフライングダッチマン
prop-ja:
prop-ja:
prop-ja:
  • 1870 (xsd:integer)
prop-ja:
  • バーベル
prop-ja:
prop-ja:
  • --02-27
prop-ja:
  • ヘンリー・ヴァンシタート
prop-ja:
  • 230 (xsd:integer)
prop-ja:
prop-ja:
  • 16 (xsd:integer)
prop-ja:
prop-ja:
prop-ja:調
  • ジョン・フォバート
prop-ja:
  • -
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ザフライングダッチマン (The Flying Dutchman) はイギリスの競走馬である。19世紀中ごろの強豪で16戦15勝、エプソムダービー、セントレジャー、大ロシア皇帝陛下プレート(現在のアスコットゴールドカップ)勝ちなどの成績を残した。セントサイモンの父ガロピンのブルードメアサイアーでもある。2歳時はシャンペンステークスなど5戦5勝、3歳になっても勢いは止まらず8か月ぶりに出走したエプソムダービーでもホットスパーを下し勝利、さらにセントレジャーも勝利しイギリスクラシック二冠を達成した。4歳になっても大ロシア皇帝陛下プレートを8馬身で圧勝するなどしたが、ドンカスターカップで生涯唯一の敗戦を喫している。相手は無敗の二冠馬ヴォルティジュール(セントサイモンの父方祖先)で、ザフライングダッチマンの騎手チャールズ・マーロウは泥酔しての出走だった。このため馬主・エグリントンはすぐに再戦を申し込み、翌年2頭のマッチレースが実現した。マッチレースはヨーク競馬場の2マイルで行われ、掛け率は互角。ザフライングダッチマンには名誉回復のためにマーロウが跨っていた。レースは当初ヴォルティジュールが先行し、その3馬身後をザフライングダッチマンが追った。そして直線入り口からゴールまでは2頭ならんでの激闘が展開され、競馬史に残るマッチレースとして現代に語り継がれている。結果は徐々に差を詰めたザフライングダッチマンが先にゴールに達し、1馬身差でヴォルティジュールに雪辱した。ザフライングダッチマンはこのレースを最後に現役を退いている。なおマーロウは名誉回復を果たしたものの、泥酔の件が大きく響いて信用を失い、次第に競馬界から追い出される形となり、最期は貧乏窟で亡くなった。引退後は種牡馬となったがほどなくフランスに輸出された。現役時代からの期待に比べれば成功したとはいえないが、フランスでの産駒ドラールがアンドロクレスを出し直系を繋いでいる。子孫はトウルビヨンや日本ではシンボリルドルフ、メジロマックイーン、トウカイテイオーなどが代表格である。
rdfs:label
  • ザフライングダッチマン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:ffmf of
is prop-ja:fmf of
is prop-ja:mf of
is prop-ja:mff of
is prop-ja:mfmf of
is prop-ja:mmmf of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of