Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ザクII(ザク・ツー、ZAKU II)は、『ガンダムシリーズ』に登場する架空の兵器。有人操縦式の人型ロボット兵器「モビルスーツ」(MS)の一つ。初出は1979年放送のテレビアニメ『機動戦士ガンダム』。作中の敵側勢力「ジオン公国軍」の主力量産型MSで、ジオン系MS共通の特徴である頭部モノアイ(一つ目)カメラと、右肩のシールド、左肩のスパイクが特徴。『ガンダム』放送当時のロボットアニメとしてはまだ珍しかった「量産機」としての設定がされており、同型の機体が作中に多数登場した。量産機の制式カラーは緑で、主人公「アムロ・レイ」のライバルである「シャア・アズナブル」の機体は赤く塗装されている。名称の「II」(ローマ数字の2)は『ガンダム』本放送終了後に後付けされた設定であり、放送当時は単に「ザク」と呼ばれていた。同じく劇中に登場する旧式のザク(旧ザク)は、「ザクI」(ザク・ワン、Iはローマ数字の1)と呼ばれるようになった。『ガンダム』の本放送終了後には、玩具メーカーのタイアップ企画『モビルスーツバリエーション (MSV)』でバリエーションが多数発表され、プラモデル(ガンプラ)などの商品展開もなされた。『ガンダム』の続編や関連作品においても、設定やデザインを継承した機体が数多く登場した。本記事ではザクIIのバリエーションのうち、機能を特化していない機体群に関して記載する。ほかの機体群に関しては以下を参照。 地上戦用の機体群 - 陸戦型ザクII 水陸両用の機体群 - ザク・マリンタイプ 『06R』の型式番号を持つ機体群 - 高機動型ザクII 作業用の機体群 - 作業用ザクII そのほかの機体群 - ザクシリーズのバリエーション#MS-06
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 54549 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 38416 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 263 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59148037 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:その他
  • 姿勢制御バーニア×12
prop-ja:センサー
  • 3,200m
prop-ja:全備重量
  • 67.1
  • 70.3
  • 73.3
  • 74.5
prop-ja:全高
  • 17.5m
prop-ja:出力
  • 976 (xsd:integer)
  • 986 (xsd:integer)
  • 9200 (xsd:integer)
  • 55000.0
prop-ja:名称
  • (『ガンダムセンチュリー』での非公式設定)
  • MS-06F ザクII
  • ZAKU II COMMANDER TYPE
  • ZAKU II MASS PRODUCT TYPE
  • (TV放映当時/終了後の雑誌やムックに掲載されたデータ)
  • ザクII
  • ザクII最終生産型(FZ型)
  • モビルスーツ ザク
  • 後期生産型ザクII
  • 指揮官用ザクII(S型)
  • 量産型ザクII (F型)
  • (ガンダムの常識より)
prop-ja:型式番号
  • MS-06
  • MS-06F
  • MS-06F-2
  • MS-06FZ
  • MS-06S
prop-ja:所属
prop-ja:推力
  • 3000 (xsd:integer)
  • 3100 (xsd:integer)
  • 20500 (xsd:integer)
  • 24500 (xsd:integer)
  • 210400.0
  • 43300.0
  • 51600.0
  • (総推力)53,400kg
  • (総推力)79,500kg
prop-ja:搭乗者
prop-ja:最高速度
  • 85.0
  • 160.0
prop-ja:武装
  • 120 (xsd:integer)
  • 175 (xsd:integer)
  • 280 (xsd:integer)
  • MMP-80マシンガン
  • MMP80マシンガン
  • クラッカー
  • シュツルムファウスト
  • シュツルム・ファウスト
  • ハンドグレネード×2
  • ハンドグレネード×3
  • バズーカ
  • ヒートホーク
  • ヒートホーク 他
  • ヒート・ホーク
  • ミサイル・ランチャー ほか
  • 専用マシンガン
  • 脚部3連装ミサイル・ポッド
prop-ja:生産形態
  • 量産機
prop-ja:装甲
  • 超硬スチール合金
  • カーボンセラミック
  • チタン・セラミック複合材
  • ボロン複合材料・等
  • 発泡金属
prop-ja:製造
prop-ja:重量
  • 36.4
  • 49.9
  • 56.2
  • 74.5
prop-ja:頭頂高
  • 17.5m
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ザクII(ザク・ツー、ZAKU II)は、『ガンダムシリーズ』に登場する架空の兵器。有人操縦式の人型ロボット兵器「モビルスーツ」(MS)の一つ。初出は1979年放送のテレビアニメ『機動戦士ガンダム』。作中の敵側勢力「ジオン公国軍」の主力量産型MSで、ジオン系MS共通の特徴である頭部モノアイ(一つ目)カメラと、右肩のシールド、左肩のスパイクが特徴。『ガンダム』放送当時のロボットアニメとしてはまだ珍しかった「量産機」としての設定がされており、同型の機体が作中に多数登場した。量産機の制式カラーは緑で、主人公「アムロ・レイ」のライバルである「シャア・アズナブル」の機体は赤く塗装されている。名称の「II」(ローマ数字の2)は『ガンダム』本放送終了後に後付けされた設定であり、放送当時は単に「ザク」と呼ばれていた。同じく劇中に登場する旧式のザク(旧ザク)は、「ザクI」(ザク・ワン、Iはローマ数字の1)と呼ばれるようになった。『ガンダム』の本放送終了後には、玩具メーカーのタイアップ企画『モビルスーツバリエーション (MSV)』でバリエーションが多数発表され、プラモデル(ガンプラ)などの商品展開もなされた。『ガンダム』の続編や関連作品においても、設定やデザインを継承した機体が数多く登場した。本記事ではザクIIのバリエーションのうち、機能を特化していない機体群に関して記載する。ほかの機体群に関しては以下を参照。 地上戦用の機体群 - 陸戦型ザクII 水陸両用の機体群 - ザク・マリンタイプ 『06R』の型式番号を持つ機体群 - 高機動型ザクII 作業用の機体群 - 作業用ザクII そのほかの機体群 - ザクシリーズのバリエーション#MS-06
rdfs:label
  • ザクII
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of