Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • サーンキヤ学派(サーンキヤがくは、サンスクリット語: सांख्य、Sāṃkhya)とは、ダルシャナ(インド哲学)の学派のひとつで、シャド・ダルシャナ(六派哲学)の1つに数えられる。世界の根源として、精神原理プルシャ(神我、自己)と物質原理プラクリティ(自性、原質)という、2つの究極的実体原理を想定する。厳密な二元論であり、世界はプルシャの観照を契機に、プラクリティから展開して生じると考えた。サーンキヤ学、あるいはサーンキヤとも。またसांख्य サーンキヤは「数え上げる」「考え合わせる」という意味で、数論派、数論学派とも。また、夏目漱石に影響を与え、無関心こと非人情をテーマにした実験的小説『草枕』が書かれた。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 641514 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5239 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 48 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54285977 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • サーンキヤ学派(サーンキヤがくは、サンスクリット語: सांख्य、Sāṃkhya)とは、ダルシャナ(インド哲学)の学派のひとつで、シャド・ダルシャナ(六派哲学)の1つに数えられる。世界の根源として、精神原理プルシャ(神我、自己)と物質原理プラクリティ(自性、原質)という、2つの究極的実体原理を想定する。厳密な二元論であり、世界はプルシャの観照を契機に、プラクリティから展開して生じると考えた。サーンキヤ学、あるいはサーンキヤとも。またसांख्य サーンキヤは「数え上げる」「考え合わせる」という意味で、数論派、数論学派とも。また、夏目漱石に影響を与え、無関心こと非人情をテーマにした実験的小説『草枕』が書かれた。
rdfs:label
  • サーンキヤ学派
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of