Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • サーモテープとは、温度にあわせて表面の色が変化するようにしたテープ状の示温材である。用途に応じて多くの種類のサーモテープが市販されている。一定の温度に達すると表面の色が変化する仕組みになっており、特定の温度に達すると色が変化する二段階のものもあれば、温度に応じて数段階で徐々に色が変化するものもある。また、不可逆性のもの(一度変色すると温度が元に戻っても色は変化しないもの)と可逆性のもの(温度が元に戻ると色も元に戻るもの)がある。裏面を接着できるようにしたものはサーモシール、サーモラベルともいう。以上のように色の変化で温度を識別するもののほか、色付きの数字を液晶によって表示するデジタル式のものもある。これはカード型の液晶温度計などに用いられている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2040282 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 567 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 7 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50813532 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • サーモテープとは、温度にあわせて表面の色が変化するようにしたテープ状の示温材である。用途に応じて多くの種類のサーモテープが市販されている。一定の温度に達すると表面の色が変化する仕組みになっており、特定の温度に達すると色が変化する二段階のものもあれば、温度に応じて数段階で徐々に色が変化するものもある。また、不可逆性のもの(一度変色すると温度が元に戻っても色は変化しないもの)と可逆性のもの(温度が元に戻ると色も元に戻るもの)がある。裏面を接着できるようにしたものはサーモシール、サーモラベルともいう。以上のように色の変化で温度を識別するもののほか、色付きの数字を液晶によって表示するデジタル式のものもある。これはカード型の液晶温度計などに用いられている。
rdfs:label
  • サーモテープ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of