Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • サーマーン朝سامانيان Sāmāniyānサーマーン朝の位置サーマーン朝の領域サーマーン朝(سامانيان Sāmāniyān, 873年 - 999年)は、中央アジア西南部のマー・ワラー・アンナフルとイラン東部のホラーサーンを支配したイラン系のイスラーム王朝。首都はブハラ。中央アジア最古のイスラーム王朝の1つに数えられる。ブハラ、サマルカンド、フェルガナ、チャーチュ(タシュケント)といったウズベキスタンに含まれる都市のほか、アフガニスタン北部、イラン東部のホラーサーン地方を支配した。サーマーン家の君主はアッバース朝の権威のもとでの地方太守の格であるアミールの称号を名乗り、アッバース朝のカリフの宗主権のもとで支配を行ったが、イスラーム世界において独立王朝が自立の証とする事業を行い、アッバース朝の東部辺境で勢力を振るった。サーマーン朝の時代に東西トルキスタン、およびこれらの地に居住するトルコ系遊牧民のイスラーム化が進行した。英主イスマーイール・サーマーニーはウズベキスタンとタジキスタンで民族の英雄として高い評価が与えられ、タジキスタンの通貨単位であるソモニは、サーマーニーに由来している。このイスマーイールが事実上の王朝の創始者と見なされている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 104367 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 16542 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 224 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54941441 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:亡国時期
  • 999 (xsd:integer)
prop-ja:位置画像
  • Samanid dynasty .GIF
prop-ja:位置画像説明
  • サーマーン朝の領域
prop-ja:元首等年代始
  • 875 (xsd:integer)
  • 892 (xsd:integer)
  • 914 (xsd:integer)
  • 999 (xsd:integer)
prop-ja:元首等年代終
  • 892 (xsd:integer)
  • 907 (xsd:integer)
  • 943 (xsd:integer)
  • 999 (xsd:integer)
prop-ja:元首等氏名
prop-ja:先代
  • ターヒル朝
prop-ja:先旗
  • blank.png
prop-ja:公式国名
  • سامانيان Sāmāniyān
prop-ja:公用語
prop-ja:変遷
prop-ja:変遷年月日
  • 8 (xsd:integer)
  • 875 (xsd:integer)
  • 893 (xsd:integer)
  • 962 (xsd:integer)
  • 999 (xsd:integer)
prop-ja:建国時期
  • 873 (xsd:integer)
prop-ja:日本語国名
  • サーマーン朝
prop-ja:次代
  • ガズナ朝
  • カラハン朝
prop-ja:次旗
  • blank.png
  • Old_Ghaznavid_Flag.svg
prop-ja:首都
dcterms:subject
rdfs:comment
  • サーマーン朝سامانيان Sāmāniyānサーマーン朝の位置サーマーン朝の領域サーマーン朝(سامانيان Sāmāniyān, 873年 - 999年)は、中央アジア西南部のマー・ワラー・アンナフルとイラン東部のホラーサーンを支配したイラン系のイスラーム王朝。首都はブハラ。中央アジア最古のイスラーム王朝の1つに数えられる。ブハラ、サマルカンド、フェルガナ、チャーチュ(タシュケント)といったウズベキスタンに含まれる都市のほか、アフガニスタン北部、イラン東部のホラーサーン地方を支配した。サーマーン家の君主はアッバース朝の権威のもとでの地方太守の格であるアミールの称号を名乗り、アッバース朝のカリフの宗主権のもとで支配を行ったが、イスラーム世界において独立王朝が自立の証とする事業を行い、アッバース朝の東部辺境で勢力を振るった。サーマーン朝の時代に東西トルキスタン、およびこれらの地に居住するトルコ系遊牧民のイスラーム化が進行した。英主イスマーイール・サーマーニーはウズベキスタンとタジキスタンで民族の英雄として高い評価が与えられ、タジキスタンの通貨単位であるソモニは、サーマーニーに由来している。このイスマーイールが事実上の王朝の創始者と見なされている。
rdfs:label
  • サーマーン朝
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of