Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • サーブ 35 ドラケン(SAAB 35 Draken)はスウェーデンのサーブ社がスウェーデン空軍のサーブ 29 トゥンナンの後継として開発した戦闘機。愛称のドラケンはスウェーデン語で「竜(ドラゴン)」の意。ドラケンは世界で初めてダブルデルタ形式の翼平面形を実用化した航空機であり、後世に主流となる大型ストレーキを装備した戦闘機の嚆矢となった。またチェイン、ドーサルフィン(補助垂直尾翼)、ブレンデッドウィングボディ形式の先駆けとしても知られる。当初は昼間要撃機として開発されたが、改良により全天候要撃機へ、また一部は多目的戦闘機(マルチロール機)へと変貌した。
dbpedia-owl:aircraftType
  • マルチロール機
dbpedia-owl:firstFlight
dbpedia-owl:manufacturer
dbpedia-owl:numberBuilt
  • 615 (xsd:integer)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:type
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 335029 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5306 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 118 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57909895 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:キャプション
  • オーストリア空軍のドラケン
prop-ja:分類
prop-ja:初飛行年月日
  • --10-25
prop-ja:名称
  • サーブ 35 ドラケン
prop-ja:生産数
  • 615 (xsd:integer)
prop-ja:用途
  • 多目的戦闘機
prop-ja:画像
  • Image:Saab Draken.jpg
prop-ja:製造者
prop-ja:退役年月日
  • 1999 (xsd:integer)
  • 2000 (xsd:integer)
  • 2005 (xsd:integer)
prop-ja:運用状況
  • 退役
prop-ja:運用者More
  • ** (スウェーデン空軍) ** (フィンランド空軍) ** (デンマーク空軍) ** (オーストリア空軍)
prop-ja:運用開始年月日
  • 1960 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • サーブ 35 ドラケン(SAAB 35 Draken)はスウェーデンのサーブ社がスウェーデン空軍のサーブ 29 トゥンナンの後継として開発した戦闘機。愛称のドラケンはスウェーデン語で「竜(ドラゴン)」の意。ドラケンは世界で初めてダブルデルタ形式の翼平面形を実用化した航空機であり、後世に主流となる大型ストレーキを装備した戦闘機の嚆矢となった。またチェイン、ドーサルフィン(補助垂直尾翼)、ブレンデッドウィングボディ形式の先駆けとしても知られる。当初は昼間要撃機として開発されたが、改良により全天候要撃機へ、また一部は多目的戦闘機(マルチロール機)へと変貌した。
rdfs:label
  • サーブ 35 ドラケン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • サーブ 35 ドラケン
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of