Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 「サ・イラ」(仏: Ah ! ça ira, ça ira, ça ira)はフランス革命の際に流行した歌で、「ラ・マルセイエーズ」や「ラ・カルマニョール」と並んで代表的な革命歌のひとつ。1790年5月に歌われたのを最初の記録とする。その後、革命後期に至るまでいくつかの言い回しの変化を経て、今日知られる有名なものとなった。「ア・サ・イラ」または「アサイラ」とも表記する。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1420093 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5869 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 34 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47473516 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:description
  • ミャスコフスキーの交響曲第6番第4章の「サ・イラ」が引用されている一節より
prop-ja:filename
  • AHCAIRA.ogg
prop-ja:pos
  • right
prop-ja:title
  • ア・サ・イラ
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 「サ・イラ」(仏: Ah ! ça ira, ça ira, ça ira)はフランス革命の際に流行した歌で、「ラ・マルセイエーズ」や「ラ・カルマニョール」と並んで代表的な革命歌のひとつ。1790年5月に歌われたのを最初の記録とする。その後、革命後期に至るまでいくつかの言い回しの変化を経て、今日知られる有名なものとなった。「ア・サ・イラ」または「アサイラ」とも表記する。
rdfs:label
  • サ・イラ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of