Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • サンチョ6世(スペイン語:Sancho VI, 1133年頃 - 1194年6月27日)は、ナバラ王国の国王(在位:1150年 - 1194年)。「賢王」(el Sabio)あるいはサンチョ・ガルセス(Sancho Garces)とも呼ばれる。ガルシア6世と王妃マルガリータ(Margarita de l'Aigle)の息子。1150年に父王の後を嗣いで王位に即いた。サンチョ6世は、称号から「パンプローナの」を除いて単に「ナバラ王」を名乗るようになった。また彼の治世はアラゴン王国やカスティーリャ王国との対立で占められた。サンチョ6世は1157年にカスティーリャ王アルフォンソ7世の王女サンチャと結婚し、サンチョ、ラミロ(パンプローナ司教)、ベレンガリア(イングランド王リチャード1世妃)、ブランカ(シャンパーニュ伯ティボー3世妃、ナバラ王テオバルド1世の母)らをもうけた。サンチョ6世は1194年6月27日にパンプローナで死去し、長子サンチョがサンチョ7世として王位を嗣いだ。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 340730 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 949 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 26 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51409384 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • サンチョ6世(スペイン語:Sancho VI, 1133年頃 - 1194年6月27日)は、ナバラ王国の国王(在位:1150年 - 1194年)。「賢王」(el Sabio)あるいはサンチョ・ガルセス(Sancho Garces)とも呼ばれる。ガルシア6世と王妃マルガリータ(Margarita de l'Aigle)の息子。1150年に父王の後を嗣いで王位に即いた。サンチョ6世は、称号から「パンプローナの」を除いて単に「ナバラ王」を名乗るようになった。また彼の治世はアラゴン王国やカスティーリャ王国との対立で占められた。サンチョ6世は1157年にカスティーリャ王アルフォンソ7世の王女サンチャと結婚し、サンチョ、ラミロ(パンプローナ司教)、ベレンガリア(イングランド王リチャード1世妃)、ブランカ(シャンパーニュ伯ティボー3世妃、ナバラ王テオバルド1世の母)らをもうけた。サンチョ6世は1194年6月27日にパンプローナで死去し、長子サンチョがサンチョ7世として王位を嗣いだ。
rdfs:label
  • サンチョ6世 (ナバラ王)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of