Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • サンダース・ロー SR.177(Saunders-Roe SR.177)は1950年代にイギリス空軍とイギリス海軍が共同して計画した、ジェットエンジンとロケットエンジンの複合動力を用いた要撃機である。ドイツ連邦海軍とドイツ連邦空軍もまた、この計画に興味を持ち、量産された場合は大量購入する予定であった。しかしながら、ドイツ政府はロッキードF-104の採用を決定し、この計画から降りてしまい、SR.177の開発は1957年にキャンセルされた。ドイツからの発注がなければ、イギリス政府はこの計画を完成させるための予算が確保出来なかったためである。後年になって、ドイツが計画から降りたのは、SR.177ではなくF-104を採用させるように、ロッキード社がドイツ政府高官へ支払った数百万ドルの賄賂の結果であったことが明らかになった。さらに運用要求F.155に基づき、さらに大型のSR.187も計画されていたが、これもプロトタイプの初号機が90%程度完成したものの、1957年にキャンセルされている。
dbpedia-owl:aircraftUser
dbpedia-owl:manufacturer
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:type
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2360875 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5388 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 54 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57412941 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:キャプション
  • レッドトップミサイルを装備したSR.177
prop-ja:初飛行年月日
  • 飛行前に計画中止
prop-ja:名称
  • サンダース・ロー SR.177
prop-ja:生産数
  • 無し
prop-ja:用途
  • 複合動力要撃機
prop-ja:画像
  • File:SR.177.png
prop-ja:製造者
prop-ja:運用者
  • 予定使用者:イギリス空軍、イギリス海軍、ドイツ連邦海軍、ドイツ連邦空軍
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • サンダース・ロー SR.177(Saunders-Roe SR.177)は1950年代にイギリス空軍とイギリス海軍が共同して計画した、ジェットエンジンとロケットエンジンの複合動力を用いた要撃機である。ドイツ連邦海軍とドイツ連邦空軍もまた、この計画に興味を持ち、量産された場合は大量購入する予定であった。しかしながら、ドイツ政府はロッキードF-104の採用を決定し、この計画から降りてしまい、SR.177の開発は1957年にキャンセルされた。ドイツからの発注がなければ、イギリス政府はこの計画を完成させるための予算が確保出来なかったためである。後年になって、ドイツが計画から降りたのは、SR.177ではなくF-104を採用させるように、ロッキード社がドイツ政府高官へ支払った数百万ドルの賄賂の結果であったことが明らかになった。さらに運用要求F.155に基づき、さらに大型のSR.187も計画されていたが、これもプロトタイプの初号機が90%程度完成したものの、1957年にキャンセルされている。
rdfs:label
  • サンダース・ロー SR.177
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • サンダース・ロー SR.177
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of