Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:Stream/discharge
  • 13.0
dbpedia-owl:Stream/watershed
  • 6863.0
dbpedia-owl:abstract
  • サンタアナ川(英: Santa Ana River)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州南部で最大の川である。その流域は4つの郡に跨っている。サンバーナーディーノ山脈を流れ出て、サンバーナーディーノ市とリバーサイド市を抜け、サンタアナ山脈の北端を切り、南西のサンタアナ市を過ぎてから太平洋に注いでいる。全長は96マイル (154 km)、流域面積は2,650平方マイル (6,863 km²) である。その大きさ故に流域は極めて多様である。北と東の内陸山脈の高峰から、暑く乾燥する内陸部半砂漠盆地や西部の平坦な海岸平原まである。その気候も乾燥した高山気候からシャパラルと砂漠気候まであり、全体的に大変乾燥している。本流と支流の大半では比較的少量の水しか流れていない。支流の中では最大であるサンジャシント川は、極度に雨の多い年以外、サンタアナ市まで水流が達しない。植生も少ないために鉄砲水が起こりやすい。それでも様々な動物や植物が常にこの川に頼って生息している。サンタアナ川流域には少なくとも9000年前から人類が住んでいた。インディアンの部族としては4部族が住んでいたが、その生活の糧を川に大きく依存していた。1769年に最初のヨーロッパ人が探検し、19世紀のスペイン伝道所の神父からその名前が付けられた。4つの郡では最大級の水源であるので、多くの大型ランチョが川とその主要支流の1つであるサンティアゴ・クリーク沿いに開発された。その成長期にはサンタアナやリバーサイドなど多くの大都市が造られており、この両市はサンタアナ川に因んでその名前が付けられた。20世紀初期に破壊的な大洪水が起こったので、近年は導流路やダムの建設が進められた。
dbpedia-owl:discharge
  • 13.000000 (xsd:double)
dbpedia-owl:riverMouth
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:watershed
  • 6863000000.000000 (xsd:double)
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2367190 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 30104 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 157 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53277000 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:名称
  • Santa Ana River
  • サンタアナ川
prop-ja:延長
  • 154 (xsd:integer)
prop-ja:水源
prop-ja:河口
prop-ja:流域
prop-ja:流域面積
  • 6863 (xsd:integer)
prop-ja:流量
  • 13 (xsd:integer)
prop-ja:画像
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • サンタアナ川、リバーサイド市の上流
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • サンタアナ川(英: Santa Ana River)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州南部で最大の川である。その流域は4つの郡に跨っている。サンバーナーディーノ山脈を流れ出て、サンバーナーディーノ市とリバーサイド市を抜け、サンタアナ山脈の北端を切り、南西のサンタアナ市を過ぎてから太平洋に注いでいる。全長は96マイル (154 km)、流域面積は2,650平方マイル (6,863 km²) である。その大きさ故に流域は極めて多様である。北と東の内陸山脈の高峰から、暑く乾燥する内陸部半砂漠盆地や西部の平坦な海岸平原まである。その気候も乾燥した高山気候からシャパラルと砂漠気候まであり、全体的に大変乾燥している。本流と支流の大半では比較的少量の水しか流れていない。支流の中では最大であるサンジャシント川は、極度に雨の多い年以外、サンタアナ市まで水流が達しない。植生も少ないために鉄砲水が起こりやすい。それでも様々な動物や植物が常にこの川に頼って生息している。サンタアナ川流域には少なくとも9000年前から人類が住んでいた。インディアンの部族としては4部族が住んでいたが、その生活の糧を川に大きく依存していた。1769年に最初のヨーロッパ人が探検し、19世紀のスペイン伝道所の神父からその名前が付けられた。4つの郡では最大級の水源であるので、多くの大型ランチョが川とその主要支流の1つであるサンティアゴ・クリーク沿いに開発された。その成長期にはサンタアナやリバーサイドなど多くの大都市が造られており、この両市はサンタアナ川に因んでその名前が付けられた。20世紀初期に破壊的な大洪水が起こったので、近年は導流路やダムの建設が進められた。
rdfs:label
  • サンタアナ川
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Santa Ana River
  • サンタアナ川
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of