Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • サンソー(CinsaultまたはCinsaut)は、フランスのラングドック・ルシヨンを発祥地とする赤ワイン用のぶどう品種である。フランスでは4番目に多く栽培されているぶどう品種で、高温と乾燥に強く、逆に湿度の高い地方では病気が出やすいため、主にフランス南部で栽培され、いわゆる南仏地方では、グルナッシュ、カリニャンとともに、重要な品種となっている。土壌・気候が適したところでは、植えっぱなしでも、濃い藍色の、立派な円筒形の房をつける。果皮が厚く、スパイスのような香りがあり、渋みや酸味が強い。南アフリカでわずかに単独のセパージュワインが作られているほかは、ほかの品種と混醸されている。フランスのほかでは、イタリアのプーリア州、モロッコ、アルジェリア、チュニジア、レバノン、南アフリカ、オーストラリア、アメリカ合衆国・カリフォルニアなどで作られている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1364379 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 590 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 20 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 48862641 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • サンソー(CinsaultまたはCinsaut)は、フランスのラングドック・ルシヨンを発祥地とする赤ワイン用のぶどう品種である。フランスでは4番目に多く栽培されているぶどう品種で、高温と乾燥に強く、逆に湿度の高い地方では病気が出やすいため、主にフランス南部で栽培され、いわゆる南仏地方では、グルナッシュ、カリニャンとともに、重要な品種となっている。土壌・気候が適したところでは、植えっぱなしでも、濃い藍色の、立派な円筒形の房をつける。果皮が厚く、スパイスのような香りがあり、渋みや酸味が強い。南アフリカでわずかに単独のセパージュワインが作られているほかは、ほかの品種と混醸されている。フランスのほかでは、イタリアのプーリア州、モロッコ、アルジェリア、チュニジア、レバノン、南アフリカ、オーストラリア、アメリカ合衆国・カリフォルニアなどで作られている。
rdfs:label
  • サンソー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of