Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • サンスクリット(梵: संस्कृत、saṃskṛta、Sanskrit)は古代インド・アーリア語に属する言語。古典語として、南アジアだけでなく東南アジアにおいても用いられていた。言語であることを明示してサンスクリット語とも呼ばれる。日本では、近代以前から梵語(ぼんご、ブラフマンの言葉)としても知られる。現在の母語話者は少ないが死語ではなく、インドでは憲法で認知された22の公用語の1つである。宗教的な面から見ると、ヒンドゥー教、仏教、シーク教、ジャイナ教の礼拝用言語であり、その権威は現在も大きい。
dbpedia-owl:iso6391Code
  • sa
dbpedia-owl:iso6392Code
  • san
dbpedia-owl:iso6393Code
  • san
dbpedia-owl:languageFamily
dbpedia-owl:spokenIn
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 6910 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10058 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 202 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59186334 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:fam
prop-ja:familycolor
  • lawngreen
prop-ja:iso
  • sa
  • san
prop-ja:name
  • サンスクリット
prop-ja:region
prop-ja:script
prop-ja:speakers
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:states
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • サンスクリット(梵: संस्कृत、saṃskṛta、Sanskrit)は古代インド・アーリア語に属する言語。古典語として、南アジアだけでなく東南アジアにおいても用いられていた。言語であることを明示してサンスクリット語とも呼ばれる。日本では、近代以前から梵語(ぼんご、ブラフマンの言葉)としても知られる。現在の母語話者は少ないが死語ではなく、インドでは憲法で認知された22の公用語の1つである。宗教的な面から見ると、ヒンドゥー教、仏教、シーク教、ジャイナ教の礼拝用言語であり、その権威は現在も大きい。
rdfs:label
  • サンスクリット
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • サンスクリット
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:languages of
is prop-ja:motto of
is prop-ja:公用語 of
is prop-ja:研究分野 of
is prop-ja:言語 of
is foaf:primaryTopic of