サンスクリット(: संस्कृत、saṃskṛta、英: Sanskrit)は、古代インド・アーリア語に属する言語。インドなど南アジアおよび東南アジアにおいて用いられた古代語。文学、哲学、学術、宗教などの分野で広く用いられた。ヒンドゥー教の礼拝用言語でもあり、大乗仏教でも多くの経典がこの言語で記された。現在もその権威は大きく、母語話者は少ないが、現代インドでも憲法の第8付則に定められた22の指定言語の1つである。この附則が制定された時に指定された15言語にサンスクリットはすでに入っており、インドの紙幣にもサンスクリットでの金額記載は含まれている。 サンスクリットは「正しく構成された(言語、雅語)」を意味し、この単語それ自体でこの言語を意味するが、言語であることを示すべく日本ではサンスクリット語とも呼ばれる。ただし、この言語が「サンスクリット」と呼ばれるようになったのが確認できるのは5世紀から6世紀ごろのことである。 漢字表記の梵語(ぼんご)は、中国や日本など漢字文化圏でのサンスクリットの異称。日本では近代以前から、般若心経など、サンスクリットの原文を漢字で翻訳したものなどを通して梵語という呼称が使われてきた。梵語とは、サンスクリットの起源を造物神梵天(ブラフマー)とするインドの伝承を基にした言葉である。

Property Value
dbo:abstract
  • サンスクリット(: संस्कृत、saṃskṛta、英: Sanskrit)は、古代インド・アーリア語に属する言語。インドなど南アジアおよび東南アジアにおいて用いられた古代語。文学、哲学、学術、宗教などの分野で広く用いられた。ヒンドゥー教の礼拝用言語でもあり、大乗仏教でも多くの経典がこの言語で記された。現在もその権威は大きく、母語話者は少ないが、現代インドでも憲法の第8付則に定められた22の指定言語の1つである。この附則が制定された時に指定された15言語にサンスクリットはすでに入っており、インドの紙幣にもサンスクリットでの金額記載は含まれている。 サンスクリットは「正しく構成された(言語、雅語)」を意味し、この単語それ自体でこの言語を意味するが、言語であることを示すべく日本ではサンスクリット語とも呼ばれる。ただし、この言語が「サンスクリット」と呼ばれるようになったのが確認できるのは5世紀から6世紀ごろのことである。 漢字表記の梵語(ぼんご)は、中国や日本など漢字文化圏でのサンスクリットの異称。日本では近代以前から、般若心経など、サンスクリットの原文を漢字で翻訳したものなどを通して梵語という呼称が使われてきた。梵語とは、サンスクリットの起源を造物神梵天(ブラフマー)とするインドの伝承を基にした言葉である。 (ja)
  • サンスクリット(: संस्कृत、saṃskṛta、英: Sanskrit)は、古代インド・アーリア語に属する言語。インドなど南アジアおよび東南アジアにおいて用いられた古代語。文学、哲学、学術、宗教などの分野で広く用いられた。ヒンドゥー教の礼拝用言語でもあり、大乗仏教でも多くの経典がこの言語で記された。現在もその権威は大きく、母語話者は少ないが、現代インドでも憲法の第8付則に定められた22の指定言語の1つである。この附則が制定された時に指定された15言語にサンスクリットはすでに入っており、インドの紙幣にもサンスクリットでの金額記載は含まれている。 サンスクリットは「正しく構成された(言語、雅語)」を意味し、この単語それ自体でこの言語を意味するが、言語であることを示すべく日本ではサンスクリット語とも呼ばれる。ただし、この言語が「サンスクリット」と呼ばれるようになったのが確認できるのは5世紀から6世紀ごろのことである。 漢字表記の梵語(ぼんご)は、中国や日本など漢字文化圏でのサンスクリットの異称。日本では近代以前から、般若心経など、サンスクリットの原文を漢字で翻訳したものなどを通して梵語という呼称が使われてきた。梵語とは、サンスクリットの起源を造物神梵天(ブラフマー)とするインドの伝承を基にした言葉である。 (ja)
dbo:iso6391Code
  • sa
dbo:iso6392Code
  • san
dbo:iso6393Code
  • san
dbo:languageFamily
dbo:spokenIn
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 6910 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 18881 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81626249 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:ancestor
prop-ja:date
  • 20110516234553 (xsd:decimal)
prop-ja:era
  • 紀元前2千年紀 – 紀元前600年ごろ; (ja)
  • 紀元前600年ごろから現在 (ja)
  • 紀元前2千年紀 – 紀元前600年ごろ; (ja)
  • 紀元前600年ごろから現在 (ja)
prop-ja:fam
prop-ja:familycolor
  • Indo-European (ja)
  • Indo-European (ja)
prop-ja:glotto
  • sans1269 (ja)
  • sans1269 (ja)
prop-ja:glottorefname
  • Sanskrit (ja)
  • Sanskrit (ja)
prop-ja:imagecaption
prop-ja:iso
  • sa (ja)
  • san (ja)
  • sa (ja)
  • san (ja)
prop-ja:name
  • サンスクリット (ja)
  • サンスクリット (ja)
prop-ja:nativename
  • संस्कृतम् (ja)
  • संस्कृतम् (ja)
prop-ja:notice
  • IPA (ja)
  • Indic (ja)
  • IPA (ja)
  • Indic (ja)
prop-ja:region
prop-ja:script
prop-ja:speakers
  • 1669 (xsd:integer)
  • 24821 (xsd:integer)
prop-ja:title
  • サンスクリット (ja)
  • サンスクリット (ja)
prop-ja:url
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • サンスクリット(: संस्कृत、saṃskṛta、英: Sanskrit)は、古代インド・アーリア語に属する言語。インドなど南アジアおよび東南アジアにおいて用いられた古代語。文学、哲学、学術、宗教などの分野で広く用いられた。ヒンドゥー教の礼拝用言語でもあり、大乗仏教でも多くの経典がこの言語で記された。現在もその権威は大きく、母語話者は少ないが、現代インドでも憲法の第8付則に定められた22の指定言語の1つである。この附則が制定された時に指定された15言語にサンスクリットはすでに入っており、インドの紙幣にもサンスクリットでの金額記載は含まれている。 サンスクリットは「正しく構成された(言語、雅語)」を意味し、この単語それ自体でこの言語を意味するが、言語であることを示すべく日本ではサンスクリット語とも呼ばれる。ただし、この言語が「サンスクリット」と呼ばれるようになったのが確認できるのは5世紀から6世紀ごろのことである。 漢字表記の梵語(ぼんご)は、中国や日本など漢字文化圏でのサンスクリットの異称。日本では近代以前から、般若心経など、サンスクリットの原文を漢字で翻訳したものなどを通して梵語という呼称が使われてきた。梵語とは、サンスクリットの起源を造物神梵天(ブラフマー)とするインドの伝承を基にした言葉である。 (ja)
  • サンスクリット(: संस्कृत、saṃskṛta、英: Sanskrit)は、古代インド・アーリア語に属する言語。インドなど南アジアおよび東南アジアにおいて用いられた古代語。文学、哲学、学術、宗教などの分野で広く用いられた。ヒンドゥー教の礼拝用言語でもあり、大乗仏教でも多くの経典がこの言語で記された。現在もその権威は大きく、母語話者は少ないが、現代インドでも憲法の第8付則に定められた22の指定言語の1つである。この附則が制定された時に指定された15言語にサンスクリットはすでに入っており、インドの紙幣にもサンスクリットでの金額記載は含まれている。 サンスクリットは「正しく構成された(言語、雅語)」を意味し、この単語それ自体でこの言語を意味するが、言語であることを示すべく日本ではサンスクリット語とも呼ばれる。ただし、この言語が「サンスクリット」と呼ばれるようになったのが確認できるのは5世紀から6世紀ごろのことである。 漢字表記の梵語(ぼんご)は、中国や日本など漢字文化圏でのサンスクリットの異称。日本では近代以前から、般若心経など、サンスクリットの原文を漢字で翻訳したものなどを通して梵語という呼称が使われてきた。梵語とは、サンスクリットの起源を造物神梵天(ブラフマー)とするインドの伝承を基にした言葉である。 (ja)
rdfs:label
  • サンスクリット (ja)
  • サンスクリット (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • संस्कृतम् (ja)
  • サンスクリット (ja)
  • संस्कृतम् (ja)
  • サンスクリット (ja)
is dbo:language of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:commonLanguages of
is prop-ja:language of
is prop-ja:languages of
is prop-ja:mainInterests of
is prop-ja:motto of
is prop-ja:mottoLang of
is prop-ja:origLang of
is prop-ja:公用語 of
is prop-ja:研究分野 of
is foaf:primaryTopic of