Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • サンシュ2世(Sancho II, 1207年9月8日 - 1248年11月4日)は、第4代ポルトガル王(在位:1223年 - 1248年)。アフォンソ2世と王妃ウラカ・デ・カスティーリャの長男。1238年、アレンテージョ全土とアルガルヴェの東部海岸を征服した。一方で王権の強化を目指したが、教会と貴族の間の紛争に巻き込まれ、内政を乱す結果となった。これを理由に、高位聖職者たちはローマ教皇インノケンティウス4世に王の廃位を申請した。1245年、教皇はアフォンソ1世の「封建申請書」と国土寄進をたてに教勅書を出し、王位を王弟アフォンソに譲ることを命じた。王はトレドに亡命し、死去した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 763553 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1096 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 23 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55871209 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • サンシュ2世(Sancho II, 1207年9月8日 - 1248年11月4日)は、第4代ポルトガル王(在位:1223年 - 1248年)。アフォンソ2世と王妃ウラカ・デ・カスティーリャの長男。1238年、アレンテージョ全土とアルガルヴェの東部海岸を征服した。一方で王権の強化を目指したが、教会と貴族の間の紛争に巻き込まれ、内政を乱す結果となった。これを理由に、高位聖職者たちはローマ教皇インノケンティウス4世に王の廃位を申請した。1245年、教皇はアフォンソ1世の「封建申請書」と国土寄進をたてに教勅書を出し、王位を王弟アフォンソに譲ることを命じた。王はトレドに亡命し、死去した。
rdfs:label
  • サンシュ2世 (ポルトガル王)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of