Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『サロメ』(Salomé)は、オスカー・ワイルドの戯曲。新約聖書を元にした内容。フランス語で書かれ、1891年にパリで出版された。オーブリー・ビアズリーの挿画が使用されている。英訳したのは、ワイルドの同性愛の相手であるアルフレッド・ダグラス。内容の背徳性から、しばらく上演できなかった。女優サラ・ベルナールのために書かれたと噂されるが、ワイルド自身はこれを否定している。日本で最初にこの戯曲でサロメ役を演じたのは松井須磨子である。1914年(大正3年)、島村抱月の芸術座による上演だった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1269018 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2529 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 68 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58485211 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『サロメ』(Salomé)は、オスカー・ワイルドの戯曲。新約聖書を元にした内容。フランス語で書かれ、1891年にパリで出版された。オーブリー・ビアズリーの挿画が使用されている。英訳したのは、ワイルドの同性愛の相手であるアルフレッド・ダグラス。内容の背徳性から、しばらく上演できなかった。女優サラ・ベルナールのために書かれたと噂されるが、ワイルド自身はこれを否定している。日本で最初にこの戯曲でサロメ役を演じたのは松井須磨子である。1914年(大正3年)、島村抱月の芸術座による上演だった。
rdfs:label
  • サロメ (戯曲)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:notableWork of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:footer of
is prop-ja:works of
is foaf:primaryTopic of