Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • サリー伯爵(英語: Earl of Surrey)は、イングランド貴族の伯爵位。3回創設されており、第1期はジョン・ド・ワーレンが1088年に叙されたのにはじまり、ワーレン家とフィッツアラン家によって世襲されたが、1415年に帰属者未定となった。第2期はジョン・ド・モウブレー(後の第4代ノーフォーク公爵)が1451年に叙されたが、彼一代で終わる。第3期は1483年にトマス・ハワード(後の第2代ノーフォーク公爵)が叙されたのに始まり、ノーフォーク公爵の従属爵位として現在に至るまでハワード家によって世襲されている。2014年現在のサリー伯爵位保有者は第18代ノーフォーク公爵エドワード・フィッツアラン=ハワードである。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3094923 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6635 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 73 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57578238 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • サリー伯爵(英語: Earl of Surrey)は、イングランド貴族の伯爵位。3回創設されており、第1期はジョン・ド・ワーレンが1088年に叙されたのにはじまり、ワーレン家とフィッツアラン家によって世襲されたが、1415年に帰属者未定となった。第2期はジョン・ド・モウブレー(後の第4代ノーフォーク公爵)が1451年に叙されたが、彼一代で終わる。第3期は1483年にトマス・ハワード(後の第2代ノーフォーク公爵)が叙されたのに始まり、ノーフォーク公爵の従属爵位として現在に至るまでハワード家によって世襲されている。2014年現在のサリー伯爵位保有者は第18代ノーフォーク公爵エドワード・フィッツアラン=ハワードである。
rdfs:label
  • サリー伯爵
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:subsidiaryTitles of
is prop-ja:家名・爵位 of
is prop-ja:称号 of
is foaf:primaryTopic of