Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • サリバン島の戦い(英: Battle of Sullivan's Island)は、アメリカ独立戦争中の1776年6月28日、サウスカロライナのチャールストン近くで行われた戦闘である。これはイギリス軍が最初に13植民地の中の都市を占領しようとした試みだった。この戦闘は第一次チャールストン包囲戦と呼ばれることもあるが、これは4年後の1780年に再度イギリス軍がチャールストン市を包囲し成功させたことによっている。イギリス軍は北アメリカで反旗を翻した南部植民地に対して1776年初期に遠征軍を組織した。兵站の問題や悪天候によって実行が遅れ、同年5月になってノースカロライナの海岸部に到着した。その指揮官ヘンリー・クリントン将軍と海軍のピーター・パーカー提督はその地域が作戦遂行には適していない状態にあることが分かり、その代わりにサウスカロライナのチャールストンに鉾先を向けた。6月初旬にチャールストン近くに到着したイギリス軍は、サリバン島に近いロング島に上陸したが、サリバン島ではサウスカロライナの民兵が海上からの砲撃や陸からの襲撃に備えて部分的に砦を完成させていた。陸からの襲撃は2つの島の間の海峡の水深が深く徒歩で渉れなかったために失敗し、アメリカ側の守備隊が海陸協働の上陸を阻止した。砦はスポンジのようなヤシの木材で構築されていたことと砂の多い土壌だったために海上からの砲撃はほとんど効果が無かった。守備側からの念入りな砲撃によってイギリス艦隊に少なからぬ損傷を与えたので、イギリス艦隊は丸1日の艦砲射撃後に撤退した。イギリス軍は遠征軍をニューヨーク市にまで戻し、次にこの地に戻ってきたのは1780年になってからだった。
dbpedia-owl:casualties
  • 1 (xsd:integer)
  • 2 (xsd:integer)
  • 12 (xsd:integer)
  • 25 (xsd:integer)
  • 220 (xsd:integer)
dbpedia-owl:combatant
  • イギリス
  • サウスカロライナ植民地
dbpedia-owl:description
  • 戦闘後に現在のムールトリー砦で植民地の戦闘旗を掲げるジャスパー軍曹
dbpedia-owl:isPartOfMilitaryConflict
dbpedia-owl:opponents
dbpedia-owl:place
dbpedia-owl:result
  • パトリオットの勝利
dbpedia-owl:strength
  • その他の守備隊:海岸砲台3か所、正規兵と民兵:6,000以上
  • マン・オブ・ウォー:2、フリゲート艦:6、砲艦:1
  • サリバン砦:民兵:435、大砲:31門
  • 歩兵: 2,200
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2326866 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 13777 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 56 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54944830 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
georss:point
  • 32.763333333333335 -79.83777777777777
rdf:type
rdfs:comment
  • サリバン島の戦い(英: Battle of Sullivan's Island)は、アメリカ独立戦争中の1776年6月28日、サウスカロライナのチャールストン近くで行われた戦闘である。これはイギリス軍が最初に13植民地の中の都市を占領しようとした試みだった。この戦闘は第一次チャールストン包囲戦と呼ばれることもあるが、これは4年後の1780年に再度イギリス軍がチャールストン市を包囲し成功させたことによっている。イギリス軍は北アメリカで反旗を翻した南部植民地に対して1776年初期に遠征軍を組織した。兵站の問題や悪天候によって実行が遅れ、同年5月になってノースカロライナの海岸部に到着した。その指揮官ヘンリー・クリントン将軍と海軍のピーター・パーカー提督はその地域が作戦遂行には適していない状態にあることが分かり、その代わりにサウスカロライナのチャールストンに鉾先を向けた。6月初旬にチャールストン近くに到着したイギリス軍は、サリバン島に近いロング島に上陸したが、サリバン島ではサウスカロライナの民兵が海上からの砲撃や陸からの襲撃に備えて部分的に砦を完成させていた。陸からの襲撃は2つの島の間の海峡の水深が深く徒歩で渉れなかったために失敗し、アメリカ側の守備隊が海陸協働の上陸を阻止した。砦はスポンジのようなヤシの木材で構築されていたことと砂の多い土壌だったために海上からの砲撃はほとんど効果が無かった。守備側からの念入りな砲撃によってイギリス艦隊に少なからぬ損傷を与えたので、イギリス艦隊は丸1日の艦砲射撃後に撤退した。イギリス軍は遠征軍をニューヨーク市にまで戻し、次にこの地に戻ってきたのは1780年になってからだった。
rdfs:label
  • サリバン島の戦い
owl:sameAs
geo:lat
  • 32.763332 (xsd:float)
geo:long
  • -79.837776 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • サリバン島の戦い
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of