Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • サラ・ジェニングス(Sarah Jennings(Jenyns), 1660年6月5日 - 1744年10月18日)は近世イギリスの女性。初代マールバラ公ジョン・チャーチルの妻でサラ・チャーチル(Sarah Churchill)とも呼ばれる。アン女王の女官として、夫の出世に貢献した女性として知られる。アン女王の晩年には寵愛を失うが、ハノーヴァー王家のジョージ2世と王妃キャロライン、首相ロバート・ウォルポールと親交を結んだ。マールバラ公家の莫大な資産をトラスト法によって継承し、当時ヨーロッパ有数の資産家でもあった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1231335 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10213 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 142 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58195573 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • サラ・ジェニングス(Sarah Jennings(Jenyns), 1660年6月5日 - 1744年10月18日)は近世イギリスの女性。初代マールバラ公ジョン・チャーチルの妻でサラ・チャーチル(Sarah Churchill)とも呼ばれる。アン女王の女官として、夫の出世に貢献した女性として知られる。アン女王の晩年には寵愛を失うが、ハノーヴァー王家のジョージ2世と王妃キャロライン、首相ロバート・ウォルポールと親交を結んだ。マールバラ公家の莫大な資産をトラスト法によって継承し、当時ヨーロッパ有数の資産家でもあった。
rdfs:label
  • サラ・ジェニングス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of