Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • サムス・イルナ(Samsu-Iluna)は、バビロン第1王朝の第7代王(前1749 - 前1712)。名はサムスイルナ(Samsuiluna)とも表記される。父ハンムラビの後を継いで王となった。サムス・イルナの治世に、バビロニアは多くの領土を失うこととなった。サムス・イルナは、治世中に多くの戦争を行った。まず、ラルサのリム・シン2世と戦った。リム・シン2世が捕らえられ処刑されるまでは、戦闘のほとんどはエラム地方やシュメール地方との境界域で行われた。彼はまた、戦争でウルやウルクの市街の一部を破壊した。反乱も起こり、イシン第1王朝最後の王ダミク・イリシュの後裔を名乗るイルマ・イル(Iluma-ilu)がシュメール地方で蜂起し、ニップル南部のシュメール地方の独立を勝ち取った。エラム王クティル・ナフンテ1世(Kuturnahunte I)もバビロニアに攻め込み、サムス・イルナを破って、エラムはバビロンから再び独立した。治世中の前1741年、バビロニアに初めてカッシート人が侵入した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 310958 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 734 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 20 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46881981 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • サムス・イルナ(Samsu-Iluna)は、バビロン第1王朝の第7代王(前1749 - 前1712)。名はサムスイルナ(Samsuiluna)とも表記される。父ハンムラビの後を継いで王となった。サムス・イルナの治世に、バビロニアは多くの領土を失うこととなった。サムス・イルナは、治世中に多くの戦争を行った。まず、ラルサのリム・シン2世と戦った。リム・シン2世が捕らえられ処刑されるまでは、戦闘のほとんどはエラム地方やシュメール地方との境界域で行われた。彼はまた、戦争でウルやウルクの市街の一部を破壊した。反乱も起こり、イシン第1王朝最後の王ダミク・イリシュの後裔を名乗るイルマ・イル(Iluma-ilu)がシュメール地方で蜂起し、ニップル南部のシュメール地方の独立を勝ち取った。エラム王クティル・ナフンテ1世(Kuturnahunte I)もバビロニアに攻め込み、サムス・イルナを破って、エラムはバビロンから再び独立した。治世中の前1741年、バビロニアに初めてカッシート人が侵入した。
rdfs:label
  • サムス・イルナ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:successor of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:子女 of
is foaf:primaryTopic of