Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • サミー・ジアマルバ・ジュニア(Sammy Giammalva Jr.、1963年3月24日 - )は、アメリカ・テキサス州ヒューストン出身の元男子プロテニス選手。ライス大学卒業。自己最高ランキングはシングルス28位、ダブルス22位。ATPツアーでシングルス2勝、ダブルス4勝を挙げた。同名の父親サミー・ジアマルバもテニスの名選手であった(彼は略称のサム・ジアマルバ名義で活動した)。兄のトニー・ジアマルバもプロテニス選手である。父親のサム・ジアマルバは、1950年代にデビスカップなどで活躍したアマチュアの名選手で、1958年の全米選手権男子ダブルス準優勝の実績を持つ人である。息子のジアマルバ・ジュニアは、1980年に17歳でプロデビューし、この年の全米オープンで3回戦に進出した。彼の4大大会最高成績は、1982年全豪オープンのベスト8進出である。当時の全豪オープンは、オーストラリア・メルボルン市内にある「クーヨン・テニスクラブ」で年末の12月に開催されていた。この年から男子シングルスは「96名」の選手による7回戦制に拡大され、32名の選手に「1回戦不戦勝」(抽選表では“Bye”と表示)があった。ジアマルバ・ジュニアは「1回戦不戦勝」の選手として、2回戦から3試合を勝ち上がったが、準々決勝で第2シードのスティーブ・デントン(アメリカ)に 6-4, 3-6, 3-6, 6-2, 3-6 のフルセットで敗退した。全豪オープン8強進出の翌年、ジアマルバ・ジュニアは1983年のウィンブルドン男子ダブルスにて、ヘンリク・スンドストローム(スウェーデン)と組んでベスト8に進出した。この後、「ジャパン・オープン」男子ダブルスで優勝する。パートナーは同じアメリカのスティーブ・メイスターと組み、決勝で「ガリクソン兄弟」(トム・ガリクソンとティム・ガリクソンは双子の兄弟)を 6-4, 6-7, 7-6 で破った。1984年には「セイコー・スーパー・テニス」のダブルスで、兄のトニー・ジアマルバとの兄弟ペアで優勝を飾った。ダブルス4勝のうち、2つを日本の大会で獲得したことから、ジアマルバ・ジュニアは日本で高い知名度を持っていた。1982年全豪オープン以後の4大大会では、1985年ウィンブルドンの4回戦でジミー・コナーズに 3-6, 4-6, 3-6 のストレートで敗れた。彼はテニス経歴を通じて、ウィンブルドン選手権とは相性が良かった。1988年2月のフィラデルフィア大会では、ジアマルバ・ジュニアがピート・サンプラスのプロデビュー戦の対戦相手になった。1989年に現役を引退した後は、故郷のヒューストン北郊でテニスクラブを経営する傍ら、ジュニア選手の育成活動を行っている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 971166 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2131 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 40 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54328229 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:id
  • G013
prop-ja:name
  • サミー・ジアマルバ・ジュニア
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ウィンブルドン
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:ウィンブルドンダブルス
  • ベスト8(1983)
prop-ja:シングルス
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:シングルス最高
  • 28 (xsd:integer)
prop-ja:シングルス通算
  • 162 (xsd:integer)
prop-ja:ダブルス
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:ダブルス最高
  • 22 (xsd:integer)
prop-ja:ダブルス通算
  • 156 (xsd:integer)
prop-ja:ツアー通算
  • 6 (xsd:integer)
prop-ja:デビュー年
  • 1980 (xsd:integer)
prop-ja:体重
  • 75.0
prop-ja:全仏オープン
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:全仏オープンダブルス
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:全米オープン
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:全米オープンダブルス
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:全豪オープン
  • ベスト8(1982)
prop-ja:全豪オープンダブルス
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:出身地
  • 同・テキサス州ヒューストン
prop-ja:利き手
prop-ja:引退年
  • 1989 (xsd:integer)
prop-ja:愛称
  • サミー
prop-ja:生涯通算成績
  • 318 (xsd:integer)
prop-ja:誕生日
  • 1963-03-24 (xsd:date)
prop-ja:身長
  • 177.0
prop-ja:選手名(日本語)_
  • サミー・ジアマルバ・ジュニア
prop-ja:選手名(英語)_
  • Sammy Giammalva Jr.
dcterms:subject
rdfs:comment
  • サミー・ジアマルバ・ジュニア(Sammy Giammalva Jr.、1963年3月24日 - )は、アメリカ・テキサス州ヒューストン出身の元男子プロテニス選手。ライス大学卒業。自己最高ランキングはシングルス28位、ダブルス22位。ATPツアーでシングルス2勝、ダブルス4勝を挙げた。同名の父親サミー・ジアマルバもテニスの名選手であった(彼は略称のサム・ジアマルバ名義で活動した)。兄のトニー・ジアマルバもプロテニス選手である。父親のサム・ジアマルバは、1950年代にデビスカップなどで活躍したアマチュアの名選手で、1958年の全米選手権男子ダブルス準優勝の実績を持つ人である。息子のジアマルバ・ジュニアは、1980年に17歳でプロデビューし、この年の全米オープンで3回戦に進出した。彼の4大大会最高成績は、1982年全豪オープンのベスト8進出である。当時の全豪オープンは、オーストラリア・メルボルン市内にある「クーヨン・テニスクラブ」で年末の12月に開催されていた。この年から男子シングルスは「96名」の選手による7回戦制に拡大され、32名の選手に「1回戦不戦勝」(抽選表では“Bye”と表示)があった。ジアマルバ・ジュニアは「1回戦不戦勝」の選手として、2回戦から3試合を勝ち上がったが、準々決勝で第2シードのスティーブ・デントン(アメリカ)に 6-4, 3-6, 3-6, 6-2, 3-6 のフルセットで敗退した。全豪オープン8強進出の翌年、ジアマルバ・ジュニアは1983年のウィンブルドン男子ダブルスにて、ヘンリク・スンドストローム(スウェーデン)と組んでベスト8に進出した。この後、「ジャパン・オープン」男子ダブルスで優勝する。パートナーは同じアメリカのスティーブ・メイスターと組み、決勝で「ガリクソン兄弟」(トム・ガリクソンとティム・ガリクソンは双子の兄弟)を 6-4, 6-7, 7-6 で破った。1984年には「セイコー・スーパー・テニス」のダブルスで、兄のトニー・ジアマルバとの兄弟ペアで優勝を飾った。ダブルス4勝のうち、2つを日本の大会で獲得したことから、ジアマルバ・ジュニアは日本で高い知名度を持っていた。1982年全豪オープン以後の4大大会では、1985年ウィンブルドンの4回戦でジミー・コナーズに 3-6, 4-6, 3-6 のストレートで敗れた。彼はテニス経歴を通じて、ウィンブルドン選手権とは相性が良かった。1988年2月のフィラデルフィア大会では、ジアマルバ・ジュニアがピート・サンプラスのプロデビュー戦の対戦相手になった。1989年に現役を引退した後は、故郷のヒューストン北郊でテニスクラブを経営する傍ら、ジュニア選手の育成活動を行っている。
rdfs:label
  • サミー・ジアマルバ・ジュニア
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of