Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • サビーネ・アペルマンス(Sabine Appelmans, 1972年4月22日 - )は、ベルギー・アールスト出身の元女子プロテニス選手。長年にわたり、ベルギーのテニス界の先駆者として活動してきた選手である。自己最高ランキングはシングルス16位、ダブルス21位。WTAツアーでシングルス7勝、ダブルス4勝を挙げた。左利き。1987年にプロ入り。1988年から女子テニス国別対抗戦・フェドカップのベルギー代表選手となる。1990年の全豪オープンで3回戦に進出し、この年に年末の世界ランキングを一気に22位まで上げた。それ以来、アペルマンスはベルギーの女子テニス界の先駆者として活躍を続けてきた。1991年11月にアメリカの「アリゾナ・クラシック」と「バージニア・スリムズ・オブ・ナッシュビル」で2週連続優勝を達成。日本のトーナメントにも数多く出場し、1991年と1992年の2年連続で「サントリー・ジャパン・オープン」の準優勝者になっている。1992年のジャパン・オープン決勝では、アペルマンスは伊達公子に 5-7, 6-3, 3-6 で敗れた。伊達とアペルマンスの対戦は2度あり、伊達の「2戦2勝」であるが、1995年のウィンブルドン1回戦でも伊達が勝っている。アペルマンスの4大大会自己最高成績は、1997年の全豪オープンベスト8である。この大会で、アペルマンスは4回戦でスペイン2強豪の1人コンチタ・マルチネスを破ったが、準々決勝でマリー・ピエルスに敗れた。ベルギーはこの年にフェドカップでも好成績を挙げ、世界最上位の8ヶ国による「ワールドグループ」1回戦でスペイン・チームを5戦全勝で破ったが、2回戦(準決勝)でフランス・チームに敗れた。1997年11月、アペルマンスはベルギーの女子テニス選手として史上初めて、世界ランキング上位16名のみが出場できる女子ツアー年間最終戦「チェイス選手権」(当時の名称)に出場した。1998年2月第3週のドイツ・ハノーファーの大会では、左膝の手術による8ヶ月のブランクから復帰したシュテフィ・グラフを準々決勝で破っている。この頃には同僚選手のドミニク・ファン・ルーストも世界ランキング上位に躍進し、ベルギーの先駆者としてアペルマンスが積み上げてきた活動は、大きく結実しつつあった。アペルマンスはオリンピックのベルギー代表選手としても、1992年バルセロナ五輪、1996年アトランタ五輪、2000年シドニー五輪の3大会連続で出場を果たしている。バルセロナ五輪の女子シングルスでは、シュテフィ・グラフとの準々決勝まで勝ち進んだ。アトランタ五輪では1回戦で敗退したが、シドニー五輪では南アフリカ代表のアマンダ・クッツァーと3回戦を戦った。2000年度のシーズンを終えて、アペルマンスは年間最終ランキング50位に入っていたが、2001年1月の全豪オープンを最後に28歳で現役を引退した。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 469526 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2519 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 57 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46855959 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:id
  • 21 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • サビーネ・アペルマンス
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ウィンブルドン
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:ウィンブルドンダブルス
  • ベスト4(1997)
prop-ja:シングルス
  • 7 (xsd:integer)
prop-ja:シングルス最高
  • 16 (xsd:integer)
prop-ja:シングルス通算
  • 346 (xsd:integer)
prop-ja:ダブルス
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:ダブルス最高
  • 21 (xsd:integer)
prop-ja:ダブルス通算
  • 147 (xsd:integer)
prop-ja:ツアー通算
  • 11 (xsd:integer)
prop-ja:デビュー年
  • 1987 (xsd:integer)
prop-ja:バックハンド
  • 両手打ち
prop-ja:体重
  • 57.0
prop-ja:全仏オープン
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:全仏オープンダブルス
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:全米オープン
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:全米オープンダブルス
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:全豪オープン
  • ベスト8(1997)
prop-ja:全豪オープンダブルス
  • ベスト8(1991)
prop-ja:出身地
  • 同・アールスト
prop-ja:利き手
prop-ja:引退年
  • 2001 (xsd:integer)
prop-ja:生涯通算成績
  • 493 (xsd:integer)
prop-ja:誕生日
  • 1972-04-22 (xsd:date)
prop-ja:身長
  • 168.0
prop-ja:選手名(日本語)_
  • サビーネ・アペルマンス
prop-ja:選手名(英語)_
  • Sabine Appelmans
dcterms:subject
rdfs:comment
  • サビーネ・アペルマンス(Sabine Appelmans, 1972年4月22日 - )は、ベルギー・アールスト出身の元女子プロテニス選手。長年にわたり、ベルギーのテニス界の先駆者として活動してきた選手である。自己最高ランキングはシングルス16位、ダブルス21位。WTAツアーでシングルス7勝、ダブルス4勝を挙げた。左利き。1987年にプロ入り。1988年から女子テニス国別対抗戦・フェドカップのベルギー代表選手となる。1990年の全豪オープンで3回戦に進出し、この年に年末の世界ランキングを一気に22位まで上げた。それ以来、アペルマンスはベルギーの女子テニス界の先駆者として活躍を続けてきた。1991年11月にアメリカの「アリゾナ・クラシック」と「バージニア・スリムズ・オブ・ナッシュビル」で2週連続優勝を達成。日本のトーナメントにも数多く出場し、1991年と1992年の2年連続で「サントリー・ジャパン・オープン」の準優勝者になっている。1992年のジャパン・オープン決勝では、アペルマンスは伊達公子に 5-7, 6-3, 3-6 で敗れた。伊達とアペルマンスの対戦は2度あり、伊達の「2戦2勝」であるが、1995年のウィンブルドン1回戦でも伊達が勝っている。アペルマンスの4大大会自己最高成績は、1997年の全豪オープンベスト8である。この大会で、アペルマンスは4回戦でスペイン2強豪の1人コンチタ・マルチネスを破ったが、準々決勝でマリー・ピエルスに敗れた。ベルギーはこの年にフェドカップでも好成績を挙げ、世界最上位の8ヶ国による「ワールドグループ」1回戦でスペイン・チームを5戦全勝で破ったが、2回戦(準決勝)でフランス・チームに敗れた。1997年11月、アペルマンスはベルギーの女子テニス選手として史上初めて、世界ランキング上位16名のみが出場できる女子ツアー年間最終戦「チェイス選手権」(当時の名称)に出場した。1998年2月第3週のドイツ・ハノーファーの大会では、左膝の手術による8ヶ月のブランクから復帰したシュテフィ・グラフを準々決勝で破っている。この頃には同僚選手のドミニク・ファン・ルーストも世界ランキング上位に躍進し、ベルギーの先駆者としてアペルマンスが積み上げてきた活動は、大きく結実しつつあった。アペルマンスはオリンピックのベルギー代表選手としても、1992年バルセロナ五輪、1996年アトランタ五輪、2000年シドニー五輪の3大会連続で出場を果たしている。バルセロナ五輪の女子シングルスでは、シュテフィ・グラフとの準々決勝まで勝ち進んだ。アトランタ五輪では1回戦で敗退したが、シドニー五輪では南アフリカ代表のアマンダ・クッツァーと3回戦を戦った。2000年度のシーズンを終えて、アペルマンスは年間最終ランキング50位に入っていたが、2001年1月の全豪オープンを最後に28歳で現役を引退した。
rdfs:label
  • サビーネ・アペルマンス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of