Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • サビネン(Sabinene)は、天然に存在する二環式モノテルペンである。分子式はC10H16である。セイヨウヒイラギガシやオウシュウトウヒ等の様々な植物の精油から単離される。シクロペンタン環とシクロプロパン環が融合した構造の環を持つ。サビネンは、コショウの辛味の成分の1つであり、またニンジンの種子の油の主要成分である。少量であるが、ティーツリー油やナツメグの精油にも含まれる。
dbpedia-owl:imageSize
  • 290 (xsd:integer)
dbpedia-owl:iupacName
  • 4-methylene-1-(1-methylethyl)bicyclo[3.1.0]hexane
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2796642 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1707 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 15 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 48316317 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagefile
  • -Sabinene Structural Formulea V.1.svg
prop-ja:imagename
  • Sabinene
prop-ja:imagesize
  • 290 (xsd:integer)
prop-ja:iupacname
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • サビネン
prop-ja:verifiedrevid
  • 464385786 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • サビネン(Sabinene)は、天然に存在する二環式モノテルペンである。分子式はC10H16である。セイヨウヒイラギガシやオウシュウトウヒ等の様々な植物の精油から単離される。シクロペンタン環とシクロプロパン環が融合した構造の環を持つ。サビネンは、コショウの辛味の成分の1つであり、またニンジンの種子の油の主要成分である。少量であるが、ティーツリー油やナツメグの精油にも含まれる。
rdfs:label
  • サビネン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • サビネン
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of