Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • サバティーノ・デ・ウルシス(Sabatino de Ursis、またはSebbathinus Ursis、中国名、熊三抜、1575年 –1620年)はイタリアのイエズス会宣教師である。中国に西欧の科学技術を紹介した一人である。1607年にマテオ・リッチの天文研究の補助するために北京に派遣された。徐光啓とリッチとともに、ユークリッド幾何学の漢文訳、『幾何原本』(1607年)の翻訳にも協力した。中国暦法による日食予測がはずれたことから、イエズス会士に改暦が命じられたが、中国人天文学者の反対で、プロジェクトは中止された。ウルシスの訳書として有名なのは。1612年のアゴスティーノ・ラメリ(Agostino Ramelli)の水理学の書を翻訳した『泰西水法』である。1616年に南京の高官、沈隺の扇動によりキリスト教徒は迫害され、ウルシスはマカオに追放され、1618年にマカオで没した。その後、改暦はアダム・シャールによって行われた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2992277 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 987 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 12 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51742146 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • サバティーノ・デ・ウルシス(Sabatino de Ursis、またはSebbathinus Ursis、中国名、熊三抜、1575年 –1620年)はイタリアのイエズス会宣教師である。中国に西欧の科学技術を紹介した一人である。1607年にマテオ・リッチの天文研究の補助するために北京に派遣された。徐光啓とリッチとともに、ユークリッド幾何学の漢文訳、『幾何原本』(1607年)の翻訳にも協力した。中国暦法による日食予測がはずれたことから、イエズス会士に改暦が命じられたが、中国人天文学者の反対で、プロジェクトは中止された。ウルシスの訳書として有名なのは。1612年のアゴスティーノ・ラメリ(Agostino Ramelli)の水理学の書を翻訳した『泰西水法』である。1616年に南京の高官、沈隺の扇動によりキリスト教徒は迫害され、ウルシスはマカオに追放され、1618年にマカオで没した。その後、改暦はアダム・シャールによって行われた。
rdfs:label
  • サバティーノ・デ・ウルシス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of