Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • サバット(Savate=フランス語で“靴”の意味)、またはサファーデ(英語読みはソバット)とは、カラリパヤットの「鳥(フラミンゴ)の型」を起源とし、古代ギリシアのキックボクシングから発展。その後、弾腿の脚術を元にして生まれた格闘技。ブルボン朝時代にミッシェル・カスーによって体系化され、弟子のシャルルモン・ルクールによってフランスにおいて紳士の護身術として広まった。その後、フランス革命時には革命家たちにも広まった。南フランスでも、足技主体の武術「ショソン」があった。本来サバットは、離れた間合いにおいて杖(ステッキ)を用いる『ラ・カン」』、互いの手足が届く間合いで打撃を繰り出す『ボックス・フランセーズ』、投げや関節技を含む『リュット・パリジェンヌ』を包含する総合格闘技である。現代ではボックス・フランセーズの試合が主流であり、本項でもこれを中心に解説する。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 148442 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4599 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 50 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57801227 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:オリンピック
  • 無し
prop-ja:主要技術
prop-ja:別名
  • フランス式ボクシング
prop-ja:創始者
  • ミッシェル・カスー
prop-ja:画像名
  • Savate coup de pied bas 1.JPG
prop-ja:発生年
prop-ja:読み
  • Savate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • サバット(Savate=フランス語で“靴”の意味)、またはサファーデ(英語読みはソバット)とは、カラリパヤットの「鳥(フラミンゴ)の型」を起源とし、古代ギリシアのキックボクシングから発展。その後、弾腿の脚術を元にして生まれた格闘技。ブルボン朝時代にミッシェル・カスーによって体系化され、弟子のシャルルモン・ルクールによってフランスにおいて紳士の護身術として広まった。その後、フランス革命時には革命家たちにも広まった。南フランスでも、足技主体の武術「ショソン」があった。本来サバットは、離れた間合いにおいて杖(ステッキ)を用いる『ラ・カン」』、互いの手足が届く間合いで打撃を繰り出す『ボックス・フランセーズ』、投げや関節技を含む『リュット・パリジェンヌ』を包含する総合格闘技である。現代ではボックス・フランセーズの試合が主流であり、本項でもこれを中心に解説する。
rdfs:label
  • サバット
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:style of
is foaf:primaryTopic of