Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • サトラップは、古代メディア王国・アケメネス朝ペルシア王国及び、その政治体制を受け継ぐ諸国で用いられた州の行政官を指す称号である。サーサーン朝やヘレニズム要素の強い帝国でも用いられた。太守、総督とも訳される。サトラップは古代ペルシア語の khshathrapāvā(州の守護者)から来ている。 khshathra が領域や州を示す言葉で、pāvā が守るものという意味である。聖書ヘブライ語ではאֲחַשְׁדַּרְפָּן、ギリシア語ではσατράπης (サトラペス)と訳され、ローマによって satrapes:サトラップという言葉になった。現代ペルシア語ではساتراپと表記される。 現在でも、しばしば超大国・覇権国の動向に極めて強い影響を受ける指導者・行政長官のことを「サトラップ」という言葉で用いられることがある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 950910 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4387 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 72 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57203976 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • サトラップは、古代メディア王国・アケメネス朝ペルシア王国及び、その政治体制を受け継ぐ諸国で用いられた州の行政官を指す称号である。サーサーン朝やヘレニズム要素の強い帝国でも用いられた。太守、総督とも訳される。サトラップは古代ペルシア語の khshathrapāvā(州の守護者)から来ている。 khshathra が領域や州を示す言葉で、pāvā が守るものという意味である。聖書ヘブライ語ではאֲחַשְׁדַּרְפָּן、ギリシア語ではσατράπης (サトラペス)と訳され、ローマによって satrapes:サトラップという言葉になった。現代ペルシア語ではساتراپと表記される。 現在でも、しばしば超大国・覇権国の動向に極めて強い影響を受ける指導者・行政長官のことを「サトラップ」という言葉で用いられることがある。
rdfs:label
  • サトラップ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:label of
is foaf:primaryTopic of