Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • サタデーナイトスペシャル (英: Saturday Night Special) とは、アメリカやカナダなどにおいて低品質だが安価な小型拳銃に対する俗称である。呼称の由来は、1960年代のアメリカで安価な拳銃による負傷者が続出した時期があり、それが土曜夜に集中していたことを医師たちが「土曜の夜は大混雑だ」と揶揄したことからだという。Junk Guns とも呼ばれる。サタデーナイトスペシャルに関する正式な定義というものはないが、いくつかの銃規制法によれば銃身長が3インチ(約7.62cm)未満の自動拳銃、あるいは全長6インチ(約15.24cm)未満のリボルバーで、有名メーカーの製品でなく、安価で低品質のものと定義されている事が多い。価格はまちまちだが、安いものでは50ドル程度からあり、デリンジャーのように、おおむね100ドルを超えるバックアップ用の拳銃などは、小型であってもサタデーナイトスペシャルと呼ばれないことが多い。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 868632 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4070 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 53 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59022358 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • サタデーナイトスペシャル (英: Saturday Night Special) とは、アメリカやカナダなどにおいて低品質だが安価な小型拳銃に対する俗称である。呼称の由来は、1960年代のアメリカで安価な拳銃による負傷者が続出した時期があり、それが土曜夜に集中していたことを医師たちが「土曜の夜は大混雑だ」と揶揄したことからだという。Junk Guns とも呼ばれる。サタデーナイトスペシャルに関する正式な定義というものはないが、いくつかの銃規制法によれば銃身長が3インチ(約7.62cm)未満の自動拳銃、あるいは全長6インチ(約15.24cm)未満のリボルバーで、有名メーカーの製品でなく、安価で低品質のものと定義されている事が多い。価格はまちまちだが、安いものでは50ドル程度からあり、デリンジャーのように、おおむね100ドルを超えるバックアップ用の拳銃などは、小型であってもサタデーナイトスペシャルと呼ばれないことが多い。
rdfs:label
  • サタデーナイトスペシャル
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of