Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • サイレン・ホイッスル(英語:siren whistles)は、笛の一種で、打楽器に属する楽器。強く息を吹き込むと内部のファンが回転し、その名の通りサイレンのような音が出る笛である。音は文字で書き表しがたいが、あえていえば「ファーン」とか「ヒューン」といったような感じの音である (実際のサイレンの「ウー」といった音とは若干印象が異なる)。長さはおよそ5〜9cm程度。重量はおよそ50〜80グラムほど(材質による)。筒状の楽器で、銀などの鉄で出来ていることが多い。発祥はイギリス。一般の笛と同じく、強く吹けば吹くほど音は高くなる。人にもよるが、吹きはじめにかなりの息が必要になる。楽器としてのサイレン・ホイッスルは 主に吹奏楽やオーケストラなどの楽曲の演奏に使われるが、それ以外の用途としては 磯釣り・渓流釣り・山登りなどや 緊急時の合図としても使われる。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1397897 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1453 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 22 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 42865986 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:分類
prop-ja:楽器名
  • サイレン ホイッスル
prop-ja:英語名
  • siren whistles
dcterms:subject
rdfs:comment
  • サイレン・ホイッスル(英語:siren whistles)は、笛の一種で、打楽器に属する楽器。強く息を吹き込むと内部のファンが回転し、その名の通りサイレンのような音が出る笛である。音は文字で書き表しがたいが、あえていえば「ファーン」とか「ヒューン」といったような感じの音である (実際のサイレンの「ウー」といった音とは若干印象が異なる)。長さはおよそ5〜9cm程度。重量はおよそ50〜80グラムほど(材質による)。筒状の楽器で、銀などの鉄で出来ていることが多い。発祥はイギリス。一般の笛と同じく、強く吹けば吹くほど音は高くなる。人にもよるが、吹きはじめにかなりの息が必要になる。楽器としてのサイレン・ホイッスルは 主に吹奏楽やオーケストラなどの楽曲の演奏に使われるが、それ以外の用途としては 磯釣り・渓流釣り・山登りなどや 緊急時の合図としても使われる。
rdfs:label
  • サイレン・ホイッスル
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of