Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • サイバーシン計画 (サイバーシンけいかく、Project Cybersyn) は、サルバドール・アジェンデ政権期間中のチリで1971年から1973年にかけて行なわれた実時間のコンピュータ制御による革新的な計画経済システムの試みである。 これは首都サンティアゴにあるコントロールセンターの単一のコンピュータとチリ各地の工場とをテレックスで接続しサイバネティックスに基づく制御を行うことを目指していた。 システムの基本設計はオペレーションズ・リサーチの研究者であり当時の経営へのサイバネティックス応用における教祖的存在でもあったイギリスのスタッフォード・ビーアにより行なわれた。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 437403 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5537 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 32 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57957943 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • サイバーシン計画 (サイバーシンけいかく、Project Cybersyn) は、サルバドール・アジェンデ政権期間中のチリで1971年から1973年にかけて行なわれた実時間のコンピュータ制御による革新的な計画経済システムの試みである。 これは首都サンティアゴにあるコントロールセンターの単一のコンピュータとチリ各地の工場とをテレックスで接続しサイバネティックスに基づく制御を行うことを目指していた。 システムの基本設計はオペレーションズ・リサーチの研究者であり当時の経営へのサイバネティックス応用における教祖的存在でもあったイギリスのスタッフォード・ビーアにより行なわれた。
rdfs:label
  • サイバーシン計画
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of