Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • サイクレン(cyclen, 1,4,7,10-テトラアザシクロドデカン、シクレン)は、大員環化合物で、クラウンエーテル 12-クラウン-4のアザアナログである。サイクレン誘導体は、より大きな環状ポリアミンであるが、繰り返し単位は常に同じである(エチレンイミン)。クラウンエーテル類と同様に、サイクレン化合物はカチオンを選択的に結合することができる。これらは化学における配位子、例えば核磁気共鳴画像法 (MRI) 造影剤に用いられる。
dbpedia-owl:iupacName
  • 1,4,7,10-テトラアザシクロドデカン
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2341975 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4039 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 38 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58008839 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagefile
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:iupacname
  • 14710 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • サイクレン(cyclen, 1,4,7,10-テトラアザシクロドデカン、シクレン)は、大員環化合物で、クラウンエーテル 12-クラウン-4のアザアナログである。サイクレン誘導体は、より大きな環状ポリアミンであるが、繰り返し単位は常に同じである(エチレンイミン)。クラウンエーテル類と同様に、サイクレン化合物はカチオンを選択的に結合することができる。これらは化学における配位子、例えば核磁気共鳴画像法 (MRI) 造影剤に用いられる。
rdfs:label
  • サイクレン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of