Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • サイイド(アラビア語: سيّد‎ Sayyid)は、イスラーム圏で使用される尊称。複数形はサーダ(Sāda)。セイエド、セイイェドとも。アラブ諸国では、英語の成人男性の敬称「Mister」の訳語として用いられる。「Mrs.」または「Ms.」にあたる女性の敬称はサイイダ(سيّدة)。「主人」「重鎮」という意味があり、部族集団の重要人物、主君などに対して使用される。かつては奴隷やマワーリーが主人に、妻が夫に対して「サイイド」という尊称を使用していた。また、サイイドの敬称は預言者ムハンマドの直系子孫と一部の傍系親族を指す一般的な尊称としても使用される。これらの一族を指して、日本のイスラーム関連の研究者の間では「聖裔家」「聖裔」と表記する場合もある。本項では、ムハンマドの直系子孫と傍系親族を指すサイイドの称号を解説する。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 726909 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5675 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 47 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56404331 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • サイイド(アラビア語: سيّد‎ Sayyid)は、イスラーム圏で使用される尊称。複数形はサーダ(Sāda)。セイエド、セイイェドとも。アラブ諸国では、英語の成人男性の敬称「Mister」の訳語として用いられる。「Mrs.」または「Ms.」にあたる女性の敬称はサイイダ(سيّدة)。「主人」「重鎮」という意味があり、部族集団の重要人物、主君などに対して使用される。かつては奴隷やマワーリーが主人に、妻が夫に対して「サイイド」という尊称を使用していた。また、サイイドの敬称は預言者ムハンマドの直系子孫と一部の傍系親族を指す一般的な尊称としても使用される。これらの一族を指して、日本のイスラーム関連の研究者の間では「聖裔家」「聖裔」と表記する場合もある。本項では、ムハンマドの直系子孫と傍系親族を指すサイイドの称号を解説する。
rdfs:label
  • サイイド
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:君主号 of
is foaf:primaryTopic of