Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ゴールデン・スパイク(英: golden spike、黄金の犬釘)は、鉄道路線が完成する時に最後に記念のために打ち込まれる犬釘のことである。この習慣は、最初の大陸横断鉄道であるセントラル・パシフィック鉄道(Central Pacific Railroad)とユニオン・パシフィック鉄道(Union Pacific Railroad)がユタ州プロモントリー・サミット(Promontory Summit)で1869年5月10日にリーランド・スタンフォード(Leland Stanford)によって公式に接続された時に初めて行われた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1327037 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6033 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 64 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58312275 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ゴールデン・スパイク(英: golden spike、黄金の犬釘)は、鉄道路線が完成する時に最後に記念のために打ち込まれる犬釘のことである。この習慣は、最初の大陸横断鉄道であるセントラル・パシフィック鉄道(Central Pacific Railroad)とユニオン・パシフィック鉄道(Union Pacific Railroad)がユタ州プロモントリー・サミット(Promontory Summit)で1869年5月10日にリーランド・スタンフォード(Leland Stanford)によって公式に接続された時に初めて行われた。
rdfs:label
  • ゴールデン・スパイク
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:製作会社 of
is foaf:primaryTopic of