Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ゴート起源説とは、1555年にスウェーデン王国のヨハンネス・マグヌスが歴史書「ゴート人たちとスウェーデン王国の歴史」の編纂中に創作した、スウェーデン王国の建国神話である。後にスウェーデン王グスタフ・アドルフがドイツの三十年戦争に介入する動機の一つになったとも言われている。この起源説は、古代ヨーロッパにまで遡り、ゴート人及びヴァンダル人と言ったゲルマン民族の大移動の時代のゲルマン人との関わりに起因し、スウェーデンのバルト海支配の正当性を持たせるものとなった。「古ゴート主義」または「スウェーデン普遍主義」とも言う。似たようなものに、フランスのガリア起源説、ハンガリーのフン起源説、韓国の大朝鮮帝国説がある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1056787 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5048 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 122 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54824796 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ゴート起源説とは、1555年にスウェーデン王国のヨハンネス・マグヌスが歴史書「ゴート人たちとスウェーデン王国の歴史」の編纂中に創作した、スウェーデン王国の建国神話である。後にスウェーデン王グスタフ・アドルフがドイツの三十年戦争に介入する動機の一つになったとも言われている。この起源説は、古代ヨーロッパにまで遡り、ゴート人及びヴァンダル人と言ったゲルマン民族の大移動の時代のゲルマン人との関わりに起因し、スウェーデンのバルト海支配の正当性を持たせるものとなった。「古ゴート主義」または「スウェーデン普遍主義」とも言う。似たようなものに、フランスのガリア起源説、ハンガリーのフン起源説、韓国の大朝鮮帝国説がある。
rdfs:label
  • ゴート起源説
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of