Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ゴート族(ゴートぞく、ゴート語:gutans、独: Gothe(または Gote))とは、ゲルマン系の民族で、東ゲルマン系に分類されるドイツ平原の古民族。バルト海南部から黒海沿岸部に移動した後、いわゆる「ゲルマン民族の大移動」によってイタリア半島やイベリア半島に王国を築いた。ローマ帝国の軍勢と戦い、壊滅的打撃を与えたこともある精強な軍を持った民族である。また、ゲルマン系のなかでは早くからローマ帝国の文化を取り入れて独自のルーン文字を残したほか、ローマ軍に傭兵として雇われるなど、後期のローマ帝国の歴史において大きな役割を担った。ゴートに纏わる言葉として、ルネサンス時代に野蛮なという意味で用いられ始めた「ゴシック(ゴート風の)」がある。16-17世紀のスウェーデンではゴート族は自国を出自とする民族であるという伝説「ゴート起源説」が盛んに唱えられ、そのゴート族(ヴァンダル族を含む)がヨーロッパ、アジア、アフリカを支配し、スウェーデン人がゴート族の末裔であるという俗説が生成された。古代・中世のゲルマン人の動向が北欧にサガなどに伝承として長期的に影響を及ぼした結果と言えるが、その伝承が大きく変容し、自国有利の捏造が施されることは伝説にはよくあることで、これはスウェーデンだけのことでは無い。事実、この主義はスウェーデン王家がポーランドに迎えられた後、土着のサルマティズムと結び付き盛んとなっていた。この俗説は17世紀のスウェーデンによる三十年戦争介入の動機となったが、大部分、政治的理念を伴っていた(グスタフ・アドルフも参照)。なお、イェーテボリはギート族の作った町であり、ギート族はゴート族と名称が似ており、互いに交易はあったようではあるが出自から言えば無関係の部族である。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 143611 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 12344 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 221 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58886120 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ゴート族(ゴートぞく、ゴート語:gutans、独: Gothe(または Gote))とは、ゲルマン系の民族で、東ゲルマン系に分類されるドイツ平原の古民族。バルト海南部から黒海沿岸部に移動した後、いわゆる「ゲルマン民族の大移動」によってイタリア半島やイベリア半島に王国を築いた。ローマ帝国の軍勢と戦い、壊滅的打撃を与えたこともある精強な軍を持った民族である。また、ゲルマン系のなかでは早くからローマ帝国の文化を取り入れて独自のルーン文字を残したほか、ローマ軍に傭兵として雇われるなど、後期のローマ帝国の歴史において大きな役割を担った。ゴートに纏わる言葉として、ルネサンス時代に野蛮なという意味で用いられ始めた「ゴシック(ゴート風の)」がある。16-17世紀のスウェーデンではゴート族は自国を出自とする民族であるという伝説「ゴート起源説」が盛んに唱えられ、そのゴート族(ヴァンダル族を含む)がヨーロッパ、アジア、アフリカを支配し、スウェーデン人がゴート族の末裔であるという俗説が生成された。古代・中世のゲルマン人の動向が北欧にサガなどに伝承として長期的に影響を及ぼした結果と言えるが、その伝承が大きく変容し、自国有利の捏造が施されることは伝説にはよくあることで、これはスウェーデンだけのことでは無い。事実、この主義はスウェーデン王家がポーランドに迎えられた後、土着のサルマティズムと結び付き盛んとなっていた。この俗説は17世紀のスウェーデンによる三十年戦争介入の動機となったが、大部分、政治的理念を伴っていた(グスタフ・アドルフも参照)。なお、イェーテボリはギート族の作った町であり、ギート族はゴート族と名称が似ており、互いに交易はあったようではあるが出自から言えば無関係の部族である。
rdfs:label
  • ゴート族
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:combatant of
is foaf:primaryTopic of