Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • コーンシロップ(Corn syrup)とは、トウモロコシのデンプン(コーンスターチ)を酵素、酸で分解し糖に変えた糖液、シロップ。異性化糖(High-fructose corn syrup)と異なりブドウ糖の含有率が高く、粘性が高い。水溶性は低く、甘味度はグラニュー糖と比較して半分以下と低い。150℃付近で溶解、カラメル化する。1811年にロシアの化学者K.S.キルヒホフがジャガイモのデンプンからシロップを抽出する方法を発見した。やがてシロップ製造は工業生産化し、アメリカでは1840年代まではジャガイモを原料として、1860年代以降はトウモロコシを原料として生産された。1960年代に酵素処理の過程でブドウ糖の一部を果糖に変換し、甘味度をグラニュー糖と同等に高めた高果糖コーンシロップが発明された。現在では酵素分解を制御することで粘度や甘味度を調整でき、業務用や一般用など用途別にグレードが存在する。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2070443 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1101 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 25 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58326429 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • コーンシロップ(Corn syrup)とは、トウモロコシのデンプン(コーンスターチ)を酵素、酸で分解し糖に変えた糖液、シロップ。異性化糖(High-fructose corn syrup)と異なりブドウ糖の含有率が高く、粘性が高い。水溶性は低く、甘味度はグラニュー糖と比較して半分以下と低い。150℃付近で溶解、カラメル化する。1811年にロシアの化学者K.S.キルヒホフがジャガイモのデンプンからシロップを抽出する方法を発見した。やがてシロップ製造は工業生産化し、アメリカでは1840年代まではジャガイモを原料として、1860年代以降はトウモロコシを原料として生産された。1960年代に酵素処理の過程でブドウ糖の一部を果糖に変換し、甘味度をグラニュー糖と同等に高めた高果糖コーンシロップが発明された。現在では酵素分解を制御することで粘度や甘味度を調整でき、業務用や一般用など用途別にグレードが存在する。
rdfs:label
  • コーンシロップ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:mainIngredient of
is foaf:primaryTopic of