Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2』(Call of Duty: Modern Warfare 2, 略称:CoD:MW2)は、FPSである『CoDシリーズ』の第6作目(シリーズ累計では第9作目)、『CoD4』のストーリー、登場人物、世界観を引き継いだ『モダン・ウォーフェアシリーズ』としては2作品目となる。日本国外では後述の経緯でシリーズ名を抜いた『モダン・ウォーフェア2』(Modern Warfare 2, 略称:MW2)と呼ばれることも多い。開発元は『CoD1』『CoD2』『CoD4』を開発したInfinity Ward。発売元のアクティビジョンから全世界で2009年11月10日に発売、日本ではスクウェア・エニックスより字幕と音声が日本語化された日本語版が2009年12月10日(PC版は12月23日)に発売された。本作初発表時の名称は『Call of Duty 6』。その後『Modern Warfare 2』や『Call of Duty: Modern Warfare 2』の名称を使用。発売される普通のパッケージには『Call of Duty: Modern Warfare 2』と書かれており、コレクターバージョンでは『Modern Warfare 2』と書かれている。その理由は、『モダン・ウォーフェア2』のコミュニティマネジャーであるロバート・ボウリングによれば、『CoD4』の続編だからである。パッケージに『Call of Duty』が新たに加わった時、アクティビジョンは「ゲームが『コール オブ デューティシリーズ』につながっている事を示すため」と発表した。日本版の発売を担当するスクウェア・エニックスは『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2』の名を使っている。コール オブ デューティシリーズ初のCERO17歳以上対象作品でもある。
dbpedia-owl:computingMedia
dbpedia-owl:computingPlatform
dbpedia-owl:genre
dbpedia-owl:publisher
dbpedia-owl:releaseDate
  • 1923-02-01 (xsd:date)
  • 2010-01-01 (xsd:date)
  • 2010-02-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:series
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1756469 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 28340 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 569 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59166124 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • PlayStation 3
  • --11-10
  • --12-10
  • --12-23
  • Windows
  • Xbox 360
prop-ja:dev
prop-ja:engine
  • IW 4.0 Engine
prop-ja:etc
prop-ja:genre
prop-ja:media
  • PS3:BD-ROM
  • Xbox 360:DVD-ROM
  • Windows:DVD-ROM
prop-ja:plat
prop-ja:play
  • PS3、Xbox 360:1-4人(オンラインプレイ時:2-18人)
  • Windows:1人(オンライン時:2-18人)
prop-ja:pub
  • スクウェア・エニックス
  • アクティビジョン
prop-ja:series
prop-ja:title
  • Call of Duty: Modern Warfare 2
  • コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2』(Call of Duty: Modern Warfare 2, 略称:CoD:MW2)は、FPSである『CoDシリーズ』の第6作目(シリーズ累計では第9作目)、『CoD4』のストーリー、登場人物、世界観を引き継いだ『モダン・ウォーフェアシリーズ』としては2作品目となる。日本国外では後述の経緯でシリーズ名を抜いた『モダン・ウォーフェア2』(Modern Warfare 2, 略称:MW2)と呼ばれることも多い。開発元は『CoD1』『CoD2』『CoD4』を開発したInfinity Ward。発売元のアクティビジョンから全世界で2009年11月10日に発売、日本ではスクウェア・エニックスより字幕と音声が日本語化された日本語版が2009年12月10日(PC版は12月23日)に発売された。本作初発表時の名称は『Call of Duty 6』。その後『Modern Warfare 2』や『Call of Duty: Modern Warfare 2』の名称を使用。発売される普通のパッケージには『Call of Duty: Modern Warfare 2』と書かれており、コレクターバージョンでは『Modern Warfare 2』と書かれている。その理由は、『モダン・ウォーフェア2』のコミュニティマネジャーであるロバート・ボウリングによれば、『CoD4』の続編だからである。パッケージに『Call of Duty』が新たに加わった時、アクティビジョンは「ゲームが『コール オブ デューティシリーズ』につながっている事を示すため」と発表した。日本版の発売を担当するスクウェア・エニックスは『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2』の名を使っている。コール オブ デューティシリーズ初のCERO17歳以上対象作品でもある。
rdfs:label
  • コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Call of Duty: Modern Warfare 2
  • コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of