Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • コールタール(coal tar)とは、コークスを製造する時にコークス炉で石炭を乾留して得られる副生成物の一つ。黒色の液体で芳香族化合物に独特の臭気(タール臭)を持つ。芳香族化合物を多量に含み、ナフタレン(5%–15%)、ベンゼン(0.3%–1%)、フェノール(0.5%–1.5%)、クレゾール、ペンゾ[a]ピレン(1%–3%)、フェナントレン(3%–8%)などが含まれている。コールタールの2008年度日本国内生産量は 1,578,612 t 、工業消費量は 1,643,788 t である。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 160988 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1973 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 50 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57449677 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • コールタール(coal tar)とは、コークスを製造する時にコークス炉で石炭を乾留して得られる副生成物の一つ。黒色の液体で芳香族化合物に独特の臭気(タール臭)を持つ。芳香族化合物を多量に含み、ナフタレン(5%–15%)、ベンゼン(0.3%–1%)、フェノール(0.5%–1.5%)、クレゾール、ペンゾ[a]ピレン(1%–3%)、フェナントレン(3%–8%)などが含まれている。コールタールの2008年度日本国内生産量は 1,578,612 t 、工業消費量は 1,643,788 t である。
rdfs:label
  • コールタール
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:事業内容 of
is prop-ja:専用種別 of
is foaf:primaryTopic of