Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アンドリュー・コーリン・レンフリュー(Andrew Colin Renfrew, Baron Renfrew of Kaimsthorn, 1937年7月25日 - )は、イギリスの著名な考古学者である。ニューアーケオロジー(新考古学)のリーダーの一人で、先史時代言語学、考古遺伝学(archaeogenetics)や「離心減少モデル」などの理論や、考古遺跡の略奪・破壊の防止についての業績が注目されてきた。放射性炭素年代測定の権威でもある。レンフリューは、原印欧語族の「原郷」がアナトリアにあって農業の発展に伴い、まずギリシャへ移住してから徐々に拡大し、イタリア、シチリア、コルシカ、フランスの地中海岸、スペイン、ポルトガルにうつっていったという仮説(いわゆる「レンフリュー仮説」)によってその名を知られている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1083772 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9737 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 116 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57104864 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アンドリュー・コーリン・レンフリュー(Andrew Colin Renfrew, Baron Renfrew of Kaimsthorn, 1937年7月25日 - )は、イギリスの著名な考古学者である。ニューアーケオロジー(新考古学)のリーダーの一人で、先史時代言語学、考古遺伝学(archaeogenetics)や「離心減少モデル」などの理論や、考古遺跡の略奪・破壊の防止についての業績が注目されてきた。放射性炭素年代測定の権威でもある。レンフリューは、原印欧語族の「原郷」がアナトリアにあって農業の発展に伴い、まずギリシャへ移住してから徐々に拡大し、イタリア、シチリア、コルシカ、フランスの地中海岸、スペイン、ポルトガルにうつっていったという仮説(いわゆる「レンフリュー仮説」)によってその名を知られている。
rdfs:label
  • コーリン・レンフリュー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of