コーヒー(オランダ語: koffie /ˈkɔfi/ 、英語: coffee)は、コーヒー豆(コーヒーノキの種子)を焙煎して挽いた粉末から、湯または水で成分を抽出した飲料。歴史への登場は酒や茶には遅れるが、世界各地で愛飲されている嗜好飲料である。家庭や飲食店、職場などで飲用され、コーヒーの専門ショップも多数存在する。抽出前の粉末や粉砕前のも、同じくコーヒーと呼ばれることもある。日本語での漢字表記は「珈琲」。 世界各国において、コーヒーを提供する場の喫茶店(コーヒー・ハウス、カフェ、カフェー)は近代、知識人や文学、美術など様々な分野の芸術家の集まる場として、文化的にも大きな役割を果たしてきた。さらに、貿易規模が大きい一次産品であるため、経済上も重要視されている。大体北回帰線と南回帰線の間(コーヒーベルト)の約70箇国で生産され、全世界に輸出されている。カフェインに代表される薬理活性成分を含むことから医学・薬学の面から研究の対象となっている。

Property Value
dbo:abstract
  • コーヒー(オランダ語: koffie /ˈkɔfi/ 、英語: coffee)は、コーヒー豆(コーヒーノキの種子)を焙煎して挽いた粉末から、湯または水で成分を抽出した飲料。歴史への登場は酒や茶には遅れるが、世界各地で愛飲されている嗜好飲料である。家庭や飲食店、職場などで飲用され、コーヒーの専門ショップも多数存在する。抽出前の粉末や粉砕前のも、同じくコーヒーと呼ばれることもある。日本語での漢字表記は「珈琲」。 世界各国において、コーヒーを提供する場の喫茶店(コーヒー・ハウス、カフェ、カフェー)は近代、知識人や文学、美術など様々な分野の芸術家の集まる場として、文化的にも大きな役割を果たしてきた。さらに、貿易規模が大きい一次産品であるため、経済上も重要視されている。大体北回帰線と南回帰線の間(コーヒーベルト)の約70箇国で生産され、全世界に輸出されている。カフェインに代表される薬理活性成分を含むことから医学・薬学の面から研究の対象となっている。 (ja)
  • コーヒー(オランダ語: koffie /ˈkɔfi/ 、英語: coffee)は、コーヒー豆(コーヒーノキの種子)を焙煎して挽いた粉末から、湯または水で成分を抽出した飲料。歴史への登場は酒や茶には遅れるが、世界各地で愛飲されている嗜好飲料である。家庭や飲食店、職場などで飲用され、コーヒーの専門ショップも多数存在する。抽出前の粉末や粉砕前のも、同じくコーヒーと呼ばれることもある。日本語での漢字表記は「珈琲」。 世界各国において、コーヒーを提供する場の喫茶店(コーヒー・ハウス、カフェ、カフェー)は近代、知識人や文学、美術など様々な分野の芸術家の集まる場として、文化的にも大きな役割を果たしてきた。さらに、貿易規模が大きい一次産品であるため、経済上も重要視されている。大体北回帰線と南回帰線の間(コーヒーベルト)の約70箇国で生産され、全世界に輸出されている。カフェインに代表される薬理活性成分を含むことから医学・薬学の面から研究の対象となっている。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1965494 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 41754 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81415778 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:calciumMg
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:carbs
  • 0.7
prop-ja:commons
  • Coffee (ja)
  • Coffee (ja)
prop-ja:commonscat
  • Coffee (ja)
  • Coffee (ja)
prop-ja:d
  • Q8486 (ja)
  • Q8486 (ja)
prop-ja:date
  • 2010 (xsd:integer)
  • 2017 (xsd:integer)
  • --02-01
prop-ja:kj
  • 17 (xsd:integer)
prop-ja:magnesiumMg
  • 6 (xsd:integer)
prop-ja:manganeseMg
  • 0.030000 (xsd:double)
prop-ja:name
  • コーヒー 浸出液 (ja)
  • コーヒー 浸出液 (ja)
prop-ja:niacinMg
  • 0.800000 (xsd:double)
prop-ja:note
  • 浸出法:コーヒー粉末 10 g/熱湯150 mL (ja)
  • 浸出法:コーヒー粉末 10 g/熱湯150 mL (ja)
prop-ja:opt1n
prop-ja:opt1v
  • 1.700000 (xsd:double)
prop-ja:opt2n
prop-ja:opt2v
  • 0.06
prop-ja:opt3n
prop-ja:opt3v
  • 0.25
prop-ja:phosphorusMg
  • 7 (xsd:integer)
prop-ja:potassiumMg
  • 65 (xsd:integer)
prop-ja:protein
  • 0.2
prop-ja:riboflavinMg
  • 0.010000 (xsd:double)
prop-ja:right
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:sodiumMg
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:water
  • 98.6
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • コーヒー(オランダ語: koffie /ˈkɔfi/ 、英語: coffee)は、コーヒー豆(コーヒーノキの種子)を焙煎して挽いた粉末から、湯または水で成分を抽出した飲料。歴史への登場は酒や茶には遅れるが、世界各地で愛飲されている嗜好飲料である。家庭や飲食店、職場などで飲用され、コーヒーの専門ショップも多数存在する。抽出前の粉末や粉砕前のも、同じくコーヒーと呼ばれることもある。日本語での漢字表記は「珈琲」。 世界各国において、コーヒーを提供する場の喫茶店(コーヒー・ハウス、カフェ、カフェー)は近代、知識人や文学、美術など様々な分野の芸術家の集まる場として、文化的にも大きな役割を果たしてきた。さらに、貿易規模が大きい一次産品であるため、経済上も重要視されている。大体北回帰線と南回帰線の間(コーヒーベルト)の約70箇国で生産され、全世界に輸出されている。カフェインに代表される薬理活性成分を含むことから医学・薬学の面から研究の対象となっている。 (ja)
  • コーヒー(オランダ語: koffie /ˈkɔfi/ 、英語: coffee)は、コーヒー豆(コーヒーノキの種子)を焙煎して挽いた粉末から、湯または水で成分を抽出した飲料。歴史への登場は酒や茶には遅れるが、世界各地で愛飲されている嗜好飲料である。家庭や飲食店、職場などで飲用され、コーヒーの専門ショップも多数存在する。抽出前の粉末や粉砕前のも、同じくコーヒーと呼ばれることもある。日本語での漢字表記は「珈琲」。 世界各国において、コーヒーを提供する場の喫茶店(コーヒー・ハウス、カフェ、カフェー)は近代、知識人や文学、美術など様々な分野の芸術家の集まる場として、文化的にも大きな役割を果たしてきた。さらに、貿易規模が大きい一次産品であるため、経済上も重要視されている。大体北回帰線と南回帰線の間(コーヒーベルト)の約70箇国で生産され、全世界に輸出されている。カフェインに代表される薬理活性成分を含むことから医学・薬学の面から研究の対象となっている。 (ja)
rdfs:label
  • コーヒー (ja)
  • コーヒー (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:industry of
is dbo:ingredient of
is dbo:product of
is dbo:type of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:aux of
is prop-ja:exportGoods of
is prop-ja:industry of
is prop-ja:mainIngredient of
is prop-ja:products of
is prop-ja:事業内容 of
is prop-ja:備考 of
is prop-ja:好きなもの of
is prop-ja:好きな食べ物 of
is prop-ja:嫌いなもの of
is prop-ja:趣味 of
is foaf:primaryTopic of