Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • コーチン・ユダヤ人は、インドの南西海岸の港市コーチンに住む、古代ユダヤ人の子孫である。ケーララ州に住んでいる人々は伝統的にマラヤーラム語を話す。現在のコーチン・ユダヤ人が多様性に富んでいるのは、ケララからの数度にわたる移住のおかげである。またソロモンが度々船をケララに寄せたとの伝説からイスラエル王国が二つに分裂した後にマラバール海岸に定住していた人たちではないかという説がある。しばしば「黒いユダヤ人」といわれる。オランダやスペインなどの西洋諸国からインドに移ってきた「白いユダヤ人」と呼ばれるユダヤ人はその後定住した。15世紀から移住してきたスペイン系・ポルトガル系ユダヤ人(セファルディム)が定住した場所のうち、最も注目すべきはゴアである。しかし、結果的にはこのコミュニティーも消滅する。17世紀から18世紀にかけて、コーチンは中東や北アフリカ(ミズラヒム)やスペインからのユダヤ人開拓者が殺到した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 172067 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1978 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 56 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53113965 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • コーチン・ユダヤ人は、インドの南西海岸の港市コーチンに住む、古代ユダヤ人の子孫である。ケーララ州に住んでいる人々は伝統的にマラヤーラム語を話す。現在のコーチン・ユダヤ人が多様性に富んでいるのは、ケララからの数度にわたる移住のおかげである。またソロモンが度々船をケララに寄せたとの伝説からイスラエル王国が二つに分裂した後にマラバール海岸に定住していた人たちではないかという説がある。しばしば「黒いユダヤ人」といわれる。オランダやスペインなどの西洋諸国からインドに移ってきた「白いユダヤ人」と呼ばれるユダヤ人はその後定住した。15世紀から移住してきたスペイン系・ポルトガル系ユダヤ人(セファルディム)が定住した場所のうち、最も注目すべきはゴアである。しかし、結果的にはこのコミュニティーも消滅する。17世紀から18世紀にかけて、コーチンは中東や北アフリカ(ミズラヒム)やスペインからのユダヤ人開拓者が殺到した。
rdfs:label
  • コーチン・ユダヤ人
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of