Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • コ・イ・ヌール(Koh-i-noor, Kohinoor, Koh-i-Nur)は、インドで発見されたダイヤモンドである。コーヒ・ヌールと表記されることもある。もともとはペルシア語で「光の山」を意味する「کوه نور」(クーへ・ヌール)に由来している。かつては世界最大のダイヤモンドと呼ばれ、その歴史において周辺国の幾人もの王侯がその所有を争った。最終的にインド女帝となったイギリスのヴィクトリア女王のものとなり、現在はロンドン塔で展示されている。大きさは105カラット(21.6g)。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 815734 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5221 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 210 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58845057 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
prop-ja:color
  • フィネスト・ホワイト
prop-ja:country
  • 共和国アーンドラ・プラデーシュ州
prop-ja:cut
  • アンティーク・オーバル・ブリリアント・カット
prop-ja:cutter
  • 不明。現在の形状はアルバート公が1852年にアムステルダムの職人へ8,000ポンドを支払い再カットさせた結果。
prop-ja:found
  • 不明。もっとも世界最古のダイヤモンドと呼ばれるだけあり、マハーバーラタにこの石のことが記されている。
prop-ja:gemName
  • コ・イ・ヌール
prop-ja:grams
  • 37.210000 (xsd:double)
prop-ja:mine
  • ビジャープル鉱山?
prop-ja:originalOwner
  • 不明。伝説ではカーカティーヤ朝の王が仏像の眼に寺院に寄贈、そこから盗まれインド各地の王朝を流転した、と伝わる。史料にその名が出てくるのはムガル帝室が保有してから。帝国の凋落が始まると再び各地の有力者間を流転するも、最終的にイギリス東インド会社が確保し、そこから現所有者の手へ。コ・イ・ヌールの名付け親はその頃の所有者の一人であるアフガニスタン国王、アフマド・シャー・アブダーリーで、それまではマドナヤク、宝石の王などと呼ばれていた。
prop-ja:owner
prop-ja:weight
  • 186.012500 (xsd:double)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • コ・イ・ヌール(Koh-i-noor, Kohinoor, Koh-i-Nur)は、インドで発見されたダイヤモンドである。コーヒ・ヌールと表記されることもある。もともとはペルシア語で「光の山」を意味する「کوه نور」(クーへ・ヌール)に由来している。かつては世界最大のダイヤモンドと呼ばれ、その歴史において周辺国の幾人もの王侯がその所有を争った。最終的にインド女帝となったイギリスのヴィクトリア女王のものとなり、現在はロンドン塔で展示されている。大きさは105カラット(21.6g)。
rdfs:label
  • コ・イ・ヌール
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of