Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • コンパクトカセットは、オランダの電機メーカーであるフィリップス社が、フェライトを素に1962年に開発したオーディオ用磁気記録テープ媒体の規格である。一般的に「カセットテープ」、もしくは「アナログカセット」とも呼ばれる。また1980年代終盤に登場したDCC(デジタルコンパクトカセット)と対表記する形で、ACC「アナログコンパクトカセット」と表記することもある。民生用の録音規格としては、2000年代前半から若年層を中心にミニディスク (MD) にその割合を超えられ、2000年代後半からはデジタルオーディオプレーヤーやICレコーダー(リニアPCMレコーダー含む)も台頭してきた。なお、コンピューター分野ではCMT(Cassette Magnetic Tape : カセット磁気テープ)と呼ばれていた。データレコーダ参照。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3014 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 47242 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 368 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59137215 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • コンパクトカセットは、オランダの電機メーカーであるフィリップス社が、フェライトを素に1962年に開発したオーディオ用磁気記録テープ媒体の規格である。一般的に「カセットテープ」、もしくは「アナログカセット」とも呼ばれる。また1980年代終盤に登場したDCC(デジタルコンパクトカセット)と対表記する形で、ACC「アナログコンパクトカセット」と表記することもある。民生用の録音規格としては、2000年代前半から若年層を中心にミニディスク (MD) にその割合を超えられ、2000年代後半からはデジタルオーディオプレーヤーやICレコーダー(リニアPCMレコーダー含む)も台頭してきた。なお、コンピューター分野ではCMT(Cassette Magnetic Tape : カセット磁気テープ)と呼ばれていた。データレコーダ参照。
rdfs:label
  • コンパクトカセット
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:computingMedia of
is dbpedia-owl:format of
is dbpedia-owl:position of
is dbpedia-owl:recordLabel of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:format of
is prop-ja:media of
is prop-ja:storage of
is prop-ja:type of
is prop-ja:ストレージ of
is prop-ja:メディア of
is prop-ja:備考 of
is foaf:primaryTopic of