コンパクトカセットは、オランダの電機メーカーであるフィリップス社が、フェライトを素に1962年に開発したオーディオ用磁気記録テープ媒体の規格である。小型かつ安価である事から民生用記録メディアの事実上の標準となり、20世紀後半の音楽市場を支えた。「カセットテープ」、「アナログカセット」、「フィリップスカセット」などとも呼ばれる。また1990年代初頭に登場したDCC(デジタルコンパクトカセット)に対するレトロニムとして、ACC(アナログコンパクトカセット)と表記することもある。 用途 ファッションとしてのコンパクトカセット IT分野でのコンパクトカセット なお、コンピューター分野ではCMT(Cassette Magnetic Tape : カセット磁気テープ)と呼ばれていた。データレコーダ参照。

Property Value
dbo:abstract
  • コンパクトカセットは、オランダの電機メーカーであるフィリップス社が、フェライトを素に1962年に開発したオーディオ用磁気記録テープ媒体の規格である。小型かつ安価である事から民生用記録メディアの事実上の標準となり、20世紀後半の音楽市場を支えた。「カセットテープ」、「アナログカセット」、「フィリップスカセット」などとも呼ばれる。また1990年代初頭に登場したDCC(デジタルコンパクトカセット)に対するレトロニムとして、ACC(アナログコンパクトカセット)と表記することもある。 用途 民生用の録音規格として大きく普及し、1980年代まではレコードのダビングとラジオ録音、1990年代まではCDのダビングとラジオ録音に多く用いられた。音楽の交換のため、ステレオやラジカセなどを用いた、カセット同士でのダビングも良く行われていた。しかし、2000年代前半から若年層を中心に録音メディアの主流がミニディスク (MD) に移行し、2000年代後半からはデジタルオーディオプレーヤーやICレコーダー(リニアPCMレコーダー含む)も台頭したため、カセットテープは懐古趣味を除いて殆ど使われなくなってしまった。2020年代ではカセットテープに製造コストを掛けられなくなり、多数の企業が製品ラインナップを縮小しており、安価な無地のノーマルポジションテープのみが販売されている状況にある。1990年代ではが4大ブランドとして知られていた。折しもCDバブルの時代と重なり、CDのダビング用途としてカセットテープが大量に売れていたため、カセットメーカーは高いコストを投じて付加価値を付けた製品も大量生産できた。 ファッションとしてのコンパクトカセット 全盛期、コンパクトカセットはある種のファッションと見做され、デザイン面で大きな変化を遂げた。まず、1979年のウォークマンの発売で、場所を選ばず音楽を聴く事が可能になると、コンパクトカセット自体がファッション化した。1980年代のコンパクトカセットのデザインは、若者が外に持ち出す用途を考慮して徐々にカラフルになって行ったが、あくまで同じ形のプラスチックケースに同じ形のシールを貼り付けた程度の、統一的なデザインであった。しかし、全盛期としては末期の1990年代になると、プラスチックケース自体に画像を印刷したコンパクトカセットがソニー,TDK,マクセル,AXIAを筆頭として多数発売された。例えば、ソニーのCDixシリーズでは、グラフィティやレトロフューチャーのデザインを全面に用いた製品が存在した。また、新しく台頭したデジタルメディアのCDと比較されるようになったため、コンパクトカセットのパッケージでも技術的な用語を用いて高音質を謳い、デジタル感を押し出すようになった。その後はコンパクトカセットの需要が無くなり、ファッショナブルな製品ラインナップ自体が生産中止となった。2010年代に入って、デジタル配信が当たり前になると、アナログ回帰の一環としてコンパクトカセットが注目され、様々なデザインのコンパクトカセットが少量生産されるようになったが、これも一種のファッション的な流行である。新世代による、アナログ回帰だけに留まらない現代的なファッションとしてのコンパクトカセットの流行も起き、ヴェイパーウェイヴ界隈で特に際立っている。デジタル配信が中心の世の中になると、コンパクトカセットの存在自体が新たな付加価値創造に繋がっているようである。 IT分野でのコンパクトカセット なお、コンピューター分野ではCMT(Cassette Magnetic Tape : カセット磁気テープ)と呼ばれていた。データレコーダ参照。 (ja)
  • コンパクトカセットは、オランダの電機メーカーであるフィリップス社が、フェライトを素に1962年に開発したオーディオ用磁気記録テープ媒体の規格である。小型かつ安価である事から民生用記録メディアの事実上の標準となり、20世紀後半の音楽市場を支えた。「カセットテープ」、「アナログカセット」、「フィリップスカセット」などとも呼ばれる。また1990年代初頭に登場したDCC(デジタルコンパクトカセット)に対するレトロニムとして、ACC(アナログコンパクトカセット)と表記することもある。 用途 民生用の録音規格として大きく普及し、1980年代まではレコードのダビングとラジオ録音、1990年代まではCDのダビングとラジオ録音に多く用いられた。音楽の交換のため、ステレオやラジカセなどを用いた、カセット同士でのダビングも良く行われていた。しかし、2000年代前半から若年層を中心に録音メディアの主流がミニディスク (MD) に移行し、2000年代後半からはデジタルオーディオプレーヤーやICレコーダー(リニアPCMレコーダー含む)も台頭したため、カセットテープは懐古趣味を除いて殆ど使われなくなってしまった。2020年代ではカセットテープに製造コストを掛けられなくなり、多数の企業が製品ラインナップを縮小しており、安価な無地のノーマルポジションテープのみが販売されている状況にある。1990年代ではが4大ブランドとして知られていた。折しもCDバブルの時代と重なり、CDのダビング用途としてカセットテープが大量に売れていたため、カセットメーカーは高いコストを投じて付加価値を付けた製品も大量生産できた。 ファッションとしてのコンパクトカセット 全盛期、コンパクトカセットはある種のファッションと見做され、デザイン面で大きな変化を遂げた。まず、1979年のウォークマンの発売で、場所を選ばず音楽を聴く事が可能になると、コンパクトカセット自体がファッション化した。1980年代のコンパクトカセットのデザインは、若者が外に持ち出す用途を考慮して徐々にカラフルになって行ったが、あくまで同じ形のプラスチックケースに同じ形のシールを貼り付けた程度の、統一的なデザインであった。しかし、全盛期としては末期の1990年代になると、プラスチックケース自体に画像を印刷したコンパクトカセットがソニー,TDK,マクセル,AXIAを筆頭として多数発売された。例えば、ソニーのCDixシリーズでは、グラフィティやレトロフューチャーのデザインを全面に用いた製品が存在した。また、新しく台頭したデジタルメディアのCDと比較されるようになったため、コンパクトカセットのパッケージでも技術的な用語を用いて高音質を謳い、デジタル感を押し出すようになった。その後はコンパクトカセットの需要が無くなり、ファッショナブルな製品ラインナップ自体が生産中止となった。2010年代に入って、デジタル配信が当たり前になると、アナログ回帰の一環としてコンパクトカセットが注目され、様々なデザインのコンパクトカセットが少量生産されるようになったが、これも一種のファッション的な流行である。新世代による、アナログ回帰だけに留まらない現代的なファッションとしてのコンパクトカセットの流行も起き、ヴェイパーウェイヴ界隈で特に際立っている。デジタル配信が中心の世の中になると、コンパクトカセットの存在自体が新たな付加価値創造に繋がっているようである。 IT分野でのコンパクトカセット なお、コンピューター分野ではCMT(Cassette Magnetic Tape : カセット磁気テープ)と呼ばれていた。データレコーダ参照。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 3014 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 62790 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81447060 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:wikify
  • --01-22
prop-ja:ロゴ
prop-ja:出典の明記
  • 2019 (xsd:integer)
prop-ja:名称
  • コンパクトカセット (ja)
  • コンパクトカセット (ja)
prop-ja:大きさ
  • (テープ幅:3.8mm) (ja)
  • 約100×60×10mm (ja)
  • (テープ幅:3.8mm) (ja)
  • 約100×60×10mm (ja)
prop-ja:容量
  • 30 (xsd:integer)
  • 60 (xsd:integer)
  • 90 (xsd:integer)
  • 120 (xsd:integer)
prop-ja:用途
  • 音声、データ記録 (ja)
  • 音声、データ記録 (ja)
prop-ja:画像
  • Compactcassette.jpg (ja)
  • Compactcassette.jpg (ja)
prop-ja:画像コメント
  • TDK SA90 Type II カセットテープ (ja)
  • TDK SA90 Type II カセットテープ (ja)
prop-ja:略称
  • カセットテープ、カセット (ja)
  • カセットテープ、カセット (ja)
prop-ja:種類
  • 磁気テープ (ja)
  • 磁気テープ (ja)
prop-ja:策定
prop-ja:雑多な内容の箇条書き
  • 2010 (xsd:integer)
dct:subject
rdfs:comment
  • コンパクトカセットは、オランダの電機メーカーであるフィリップス社が、フェライトを素に1962年に開発したオーディオ用磁気記録テープ媒体の規格である。小型かつ安価である事から民生用記録メディアの事実上の標準となり、20世紀後半の音楽市場を支えた。「カセットテープ」、「アナログカセット」、「フィリップスカセット」などとも呼ばれる。また1990年代初頭に登場したDCC(デジタルコンパクトカセット)に対するレトロニムとして、ACC(アナログコンパクトカセット)と表記することもある。 用途 ファッションとしてのコンパクトカセット IT分野でのコンパクトカセット なお、コンピューター分野ではCMT(Cassette Magnetic Tape : カセット磁気テープ)と呼ばれていた。データレコーダ参照。 (ja)
  • コンパクトカセットは、オランダの電機メーカーであるフィリップス社が、フェライトを素に1962年に開発したオーディオ用磁気記録テープ媒体の規格である。小型かつ安価である事から民生用記録メディアの事実上の標準となり、20世紀後半の音楽市場を支えた。「カセットテープ」、「アナログカセット」、「フィリップスカセット」などとも呼ばれる。また1990年代初頭に登場したDCC(デジタルコンパクトカセット)に対するレトロニムとして、ACC(アナログコンパクトカセット)と表記することもある。 用途 ファッションとしてのコンパクトカセット IT分野でのコンパクトカセット なお、コンピューター分野ではCMT(Cassette Magnetic Tape : カセット磁気テープ)と呼ばれていた。データレコーダ参照。 (ja)
rdfs:label
  • コンパクトカセット (ja)
  • コンパクトカセット (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:computingMedia of
is dbo:format of
is dbo:position of
is dbo:previousWork of
is dbo:recordLabel of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:format of
is prop-ja:headline of
is prop-ja:label of
is prop-ja:media of
is prop-ja:storage of
is prop-ja:type of
is prop-ja:ストレージ of
is prop-ja:メディア of
is foaf:primaryTopic of