コンニャク(蒟蒻、菎蒻、学名:Amorphophallus konjac)は、サトイモ科の植物、あるいはその球茎から製造される食品である。 古くからコンニャクを食用としてきた主な地域は、日本、中国、ミャンマー、韓国などのアジア各国であるが、和食ブームとともに低カロリーの健康食品として欧米にも広がりつつある。特に、「しらたき」が健康的なパスタとして欧米で流行した。 コンニャクの原料となるコンニャクイモの2018年度(平成30年度)の日本での収穫量は55,900t。主産地は群馬県 (93.2%) で、第2位栃木県 (2.7%) 、第3位茨城県 (1.4%) と続いており、日本では約97%は北関東で生産されている。 未加工のコンニャクイモでは、劇物であるシュウ酸カルシウムの含有量が、パイナップルや山芋などとは比べ物にならないほど多い。従って、下茹でしてシュウ酸カルシウムを流失させる必要がある。未加工のコンニャクイモの断面に直接触れると激しい痒みや痛みを生じる危険があり、生食は一切不可である。

Property Value
dbo:abstract
  • コンニャク(蒟蒻、菎蒻、学名:Amorphophallus konjac)は、サトイモ科の植物、あるいはその球茎から製造される食品である。 古くからコンニャクを食用としてきた主な地域は、日本、中国、ミャンマー、韓国などのアジア各国であるが、和食ブームとともに低カロリーの健康食品として欧米にも広がりつつある。特に、「しらたき」が健康的なパスタとして欧米で流行した。 コンニャクの原料となるコンニャクイモの2018年度(平成30年度)の日本での収穫量は55,900t。主産地は群馬県 (93.2%) で、第2位栃木県 (2.7%) 、第3位茨城県 (1.4%) と続いており、日本では約97%は北関東で生産されている。 未加工のコンニャクイモでは、劇物であるシュウ酸カルシウムの含有量が、パイナップルや山芋などとは比べ物にならないほど多い。従って、下茹でしてシュウ酸カルシウムを流失させる必要がある。未加工のコンニャクイモの断面に直接触れると激しい痒みや痛みを生じる危険があり、生食は一切不可である。 (ja)
  • コンニャク(蒟蒻、菎蒻、学名:Amorphophallus konjac)は、サトイモ科の植物、あるいはその球茎から製造される食品である。 古くからコンニャクを食用としてきた主な地域は、日本、中国、ミャンマー、韓国などのアジア各国であるが、和食ブームとともに低カロリーの健康食品として欧米にも広がりつつある。特に、「しらたき」が健康的なパスタとして欧米で流行した。 コンニャクの原料となるコンニャクイモの2018年度(平成30年度)の日本での収穫量は55,900t。主産地は群馬県 (93.2%) で、第2位栃木県 (2.7%) 、第3位茨城県 (1.4%) と続いており、日本では約97%は北関東で生産されている。 未加工のコンニャクイモでは、劇物であるシュウ酸カルシウムの含有量が、パイナップルや山芋などとは比べ物にならないほど多い。従って、下茹でしてシュウ酸カルシウムを流失させる必要がある。未加工のコンニャクイモの断面に直接触れると激しい痒みや痛みを生じる危険があり、生食は一切不可である。 (ja)
dbo:class
dbo:colourName
  • lightgreen (ja)
  • lightgreen (ja)
dbo:division
dbo:family
dbo:genus
dbo:kingdom
dbo:order
dbo:phylum
dbo:synonym
  • *A. rivieri
  • *A. rivieri var. konjac
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1623998 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 18524 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81484015 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:calciumMg
  • 68 (xsd:integer)
prop-ja:carbs
  • 3.3
prop-ja:date
  • 2017 (xsd:integer)
prop-ja:fat
  • 0.1
prop-ja:fiber
  • 3.0
prop-ja:ironMg
  • 0.600000 (xsd:double)
prop-ja:kj
  • 29 (xsd:integer)
prop-ja:magnesiumMg
  • 5 (xsd:integer)
prop-ja:manganeseMg
  • 0.050000 (xsd:double)
prop-ja:name
  • 板こんにゃく、生いもこんにゃく (ja)
  • 板こんにゃく、生いもこんにゃく (ja)
prop-ja:phosphorusMg
  • 7 (xsd:integer)
prop-ja:potassiumMg
  • 44 (xsd:integer)
prop-ja:protein
  • 0.1
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:seleniumUg
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:sodiumMg
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:water
  • 96.2
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:zincMg
  • 0.200000 (xsd:double)
prop-ja:シノニム
  • *A. rivieri *A. rivieri var. konjac (ja)
  • *A. rivieri *A. rivieri var. konjac (ja)
prop-ja:分類体系
prop-ja:名称
  • コンニャク (ja)
  • コンニャク (ja)
prop-ja:和名
  • コンニャク (ja)
  • コンニャク (ja)
prop-ja:学名
  • Amorphophallus konjac (ja)
  • Amorphophallus konjac (ja)
prop-ja:
  • コンニャク属 (ja)
  • コンニャク属 (ja)
prop-ja:画像
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像キャプション
  • コンニャク (ja)
  • コンニャク (ja)
prop-ja:
  • 植物界 (ja)
  • 植物界 (ja)
prop-ja:
  • オモダカ目 (ja)
  • オモダカ目 (ja)
prop-ja:
  • サトイモ科 (ja)
  • サトイモ科 (ja)
prop-ja:
  • コンニャク A. konjac (ja)
  • コンニャク A. konjac (ja)
prop-ja:綱階級なし
  • 単子葉類 (ja)
  • 単子葉類 (ja)
prop-ja:
  • lightgreen (ja)
  • lightgreen (ja)
prop-ja:門階級なし
  • 被子植物 (ja)
  • 被子植物 (ja)
dc:description
  • コンニャク
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • コンニャク(蒟蒻、菎蒻、学名:Amorphophallus konjac)は、サトイモ科の植物、あるいはその球茎から製造される食品である。 古くからコンニャクを食用としてきた主な地域は、日本、中国、ミャンマー、韓国などのアジア各国であるが、和食ブームとともに低カロリーの健康食品として欧米にも広がりつつある。特に、「しらたき」が健康的なパスタとして欧米で流行した。 コンニャクの原料となるコンニャクイモの2018年度(平成30年度)の日本での収穫量は55,900t。主産地は群馬県 (93.2%) で、第2位栃木県 (2.7%) 、第3位茨城県 (1.4%) と続いており、日本では約97%は北関東で生産されている。 未加工のコンニャクイモでは、劇物であるシュウ酸カルシウムの含有量が、パイナップルや山芋などとは比べ物にならないほど多い。従って、下茹でしてシュウ酸カルシウムを流失させる必要がある。未加工のコンニャクイモの断面に直接触れると激しい痒みや痛みを生じる危険があり、生食は一切不可である。 (ja)
  • コンニャク(蒟蒻、菎蒻、学名:Amorphophallus konjac)は、サトイモ科の植物、あるいはその球茎から製造される食品である。 古くからコンニャクを食用としてきた主な地域は、日本、中国、ミャンマー、韓国などのアジア各国であるが、和食ブームとともに低カロリーの健康食品として欧米にも広がりつつある。特に、「しらたき」が健康的なパスタとして欧米で流行した。 コンニャクの原料となるコンニャクイモの2018年度(平成30年度)の日本での収穫量は55,900t。主産地は群馬県 (93.2%) で、第2位栃木県 (2.7%) 、第3位茨城県 (1.4%) と続いており、日本では約97%は北関東で生産されている。 未加工のコンニャクイモでは、劇物であるシュウ酸カルシウムの含有量が、パイナップルや山芋などとは比べ物にならないほど多い。従って、下茹でしてシュウ酸カルシウムを流失させる必要がある。未加工のコンニャクイモの断面に直接触れると激しい痒みや痛みを生じる危険があり、生食は一切不可である。 (ja)
rdfs:label
  • コンニャク (ja)
  • コンニャク (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • コンニャク (ja)
  • コンニャク (ja)
is dbo:ingredient of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:mainIngredient of
is prop-ja:事業内容 of
is prop-ja:嫌いなもの of
is foaf:primaryTopic of