Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • コンデンサ(蓄電器、羅: condensare、独: Kondensator、英: capacitor キャパシタ)とは、静電容量(キャパシタンス)により電荷(電気エネルギー)を蓄えたり、放出したりする受動素子である。静電容量の単位はF(ファラド)が使われる。通常使われるコンデンサは数pF - 数万μF程度であるが、電気二重層コンデンサなどでは数千Fオーバーの大容量な物もある。両端の端子に印加できる電圧(耐圧)は、2.5V - 10kV程度までさまざまである。なお、現代において、英語圏では、「コンデンサ condenser」と言った場合、復水器などの熱交換により「高温で気体になった物質を冷やして液体に戻す装置」を指すことがもっぱらで、蓄電器を指しては「capacitor キャパシタ」の語が主として用いられているので、たとえば英語(技術界で、世界的に"共通語"のような位置づけになっている)でかかれている販売カタログなどでコンデンサを探す時は、あくまで「capacitor」を探さなければ目的の物を見つけられず困ることになる。(ただし英語でも「コンデンサ」で定着しているものも一部はある。コンデンサマイク condenser microphoneなど)。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 863878 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 20743 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 254 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59118106 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • コンデンサ(蓄電器、羅: condensare、独: Kondensator、英: capacitor キャパシタ)とは、静電容量(キャパシタンス)により電荷(電気エネルギー)を蓄えたり、放出したりする受動素子である。静電容量の単位はF(ファラド)が使われる。通常使われるコンデンサは数pF - 数万μF程度であるが、電気二重層コンデンサなどでは数千Fオーバーの大容量な物もある。両端の端子に印加できる電圧(耐圧)は、2.5V - 10kV程度までさまざまである。なお、現代において、英語圏では、「コンデンサ condenser」と言った場合、復水器などの熱交換により「高温で気体になった物質を冷やして液体に戻す装置」を指すことがもっぱらで、蓄電器を指しては「capacitor キャパシタ」の語が主として用いられているので、たとえば英語(技術界で、世界的に"共通語"のような位置づけになっている)でかかれている販売カタログなどでコンデンサを探す時は、あくまで「capacitor」を探さなければ目的の物を見つけられず困ることになる。(ただし英語でも「コンデンサ」で定着しているものも一部はある。コンデンサマイク condenser microphoneなど)。
rdfs:label
  • コンデンサ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:事業内容 of
is foaf:primaryTopic of