Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『コンソレーション』(英語:Consolations)S.172は、フランツ・リストのピアノ作品集。『慰め』と訳される。慣習的に英語で呼ばれるが、原題はフランス語でConsolations, Six Penseés poétiques(慰め、6つの詩的思考)。1849年から1850年にかけて作曲された。表題の通り落ち着いた曲想で、上品さと情感がこもっている。『超絶技巧練習曲』など超絶技巧を誇示する他の多くの作品と異なり、平易な技術でも演奏効果が期待でき、人気がある。被献呈者はザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ大公妃マリア・パヴロヴナ(ロシア皇帝アレクサンドル1世の妹)。リストの女性との交際を支援した人物といわれている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 968589 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 765 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 16 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47326458 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『コンソレーション』(英語:Consolations)S.172は、フランツ・リストのピアノ作品集。『慰め』と訳される。慣習的に英語で呼ばれるが、原題はフランス語でConsolations, Six Penseés poétiques(慰め、6つの詩的思考)。1849年から1850年にかけて作曲された。表題の通り落ち着いた曲想で、上品さと情感がこもっている。『超絶技巧練習曲』など超絶技巧を誇示する他の多くの作品と異なり、平易な技術でも演奏効果が期待でき、人気がある。被献呈者はザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ大公妃マリア・パヴロヴナ(ロシア皇帝アレクサンドル1世の妹)。リストの女性との交際を支援した人物といわれている。
rdfs:label
  • コンソレーション (リスト)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of