Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ガイウス・フラウィウス・ウァレリウス・コンスタンティヌス(古典ラテン語:Gaius Flavius Valerius Constantinus ガーイウス・フラーウィウス・ウァレリウス・コーンスタンティーヌス、272年2月27日 - 337年5月22日)は、ローマ帝国の皇帝(在位:306年 - 337年)。帝国を再統一し、専制君主制を発展させたことから「大帝」と称される。キリスト教を公認してその後の発展の政治的社会的基盤を用意したことから、正教会、東方諸教会、東方典礼カトリック教会では、聖人とされている。記憶日は、その母太后聖ヘレナと共に6月3日。日本正教会では正式には「亜使徒聖大帝コンスタンティン」と呼称される。1950年にギリシャで発行された旧100ドラクマ紙幣に肖像が使用されていた。
dbpedia-owl:predecessor
dbpedia-owl:successor
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 44338 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 17490 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 297 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57733148 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:before
prop-ja:date
  • 2012 (xsd:integer)
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 306 (xsd:integer)
  • 312 (xsd:integer)
  • 324 (xsd:integer)
prop-ja:ソートキー
  • 人0272年没
prop-ja:人名
  • コンスタンティヌス1世
prop-ja:全名
  • ガイウス・フラウィウス・ウァレリウス・コンスタンティヌス(Gaius Flavius Valerius Constantinus)
prop-ja:出生日
  • --02-27
prop-ja:各国語表記
  • Constantinus I
prop-ja:君主号
  • ローマ皇帝
prop-ja:在位
  • --07-25
  • --09-19
  • --10-29
prop-ja:子女
prop-ja:死亡日
  • 0337-05-22 (xsd:date)
prop-ja:母親
prop-ja:没地
prop-ja:父親
prop-ja:王朝
prop-ja:生地
prop-ja:画像
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • コンスタンティヌス1世の頭像(カピトリーノ美術館所蔵)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ガイウス・フラウィウス・ウァレリウス・コンスタンティヌス(古典ラテン語:Gaius Flavius Valerius Constantinus ガーイウス・フラーウィウス・ウァレリウス・コーンスタンティーヌス、272年2月27日 - 337年5月22日)は、ローマ帝国の皇帝(在位:306年 - 337年)。帝国を再統一し、専制君主制を発展させたことから「大帝」と称される。キリスト教を公認してその後の発展の政治的社会的基盤を用意したことから、正教会、東方諸教会、東方典礼カトリック教会では、聖人とされている。記憶日は、その母太后聖ヘレナと共に6月3日。日本正教会では正式には「亜使徒聖大帝コンスタンティン」と呼称される。1950年にギリシャで発行された旧100ドラクマ紙幣に肖像が使用されていた。
rdfs:label
  • コンスタンティヌス1世
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:opponents of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:builder of
is prop-ja:元首等氏名 of
is foaf:primaryTopic of