Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • コンスタンティヌス・アフリカヌス(Constantinus Africanus、1017年 – 1087年)は、11世紀のチュニジア生まれの医師である。若い時代、チュニジアに過ごした後、イタリアで暮らしサレルノ医学校の教授を務めた。多くの医書を残し、中世のヨーロッパの医療に影響を与えた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2593649 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1588 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 38 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55121991 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • コンスタンティヌス・アフリカヌス(Constantinus Africanus、1017年 – 1087年)は、11世紀のチュニジア生まれの医師である。若い時代、チュニジアに過ごした後、イタリアで暮らしサレルノ医学校の教授を務めた。多くの医書を残し、中世のヨーロッパの医療に影響を与えた。
rdfs:label
  • コンスタンティヌス・アフリカヌス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of