Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • コンスタンチン・ペトローヴィッチ・ポベドノスツェフ(ロシア語: Константин Петрович Победоносцев, ラテン文字転写:Konstantin Petrovich Pobedonostsev, 1827年5月21日 - 1907年3月23日)は、ロシアの法学者、政治家、思想家。一般にロシアにおける保守主義思想家の代表格と見なされる。皇帝アレクサンドル3世、ニコライ2世の傅育に当たり、ロシア正教聖務会院(シノド)長官として、いわば「灰色の枢機卿」として帝政に影響力を与えた。ロシア正教会を保護する一方で、改革を求める声の高まりに対しては保守的な姿勢を示した。そのため、ロシア正教会から主教・司祭・一般信徒など、広範な範囲から必要性が認識されていた教会の組織面・精神面の改革は大幅に遅れたので、ポベドノスツェフに対する教会側からの評価は高くない。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 260248 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3806 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 85 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53624744 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • コンスタンチン・ペトローヴィッチ・ポベドノスツェフ(ロシア語: Константин Петрович Победоносцев, ラテン文字転写:Konstantin Petrovich Pobedonostsev, 1827年5月21日 - 1907年3月23日)は、ロシアの法学者、政治家、思想家。一般にロシアにおける保守主義思想家の代表格と見なされる。皇帝アレクサンドル3世、ニコライ2世の傅育に当たり、ロシア正教聖務会院(シノド)長官として、いわば「灰色の枢機卿」として帝政に影響力を与えた。ロシア正教会を保護する一方で、改革を求める声の高まりに対しては保守的な姿勢を示した。そのため、ロシア正教会から主教・司祭・一般信徒など、広範な範囲から必要性が認識されていた教会の組織面・精神面の改革は大幅に遅れたので、ポベドノスツェフに対する教会側からの評価は高くない。
rdfs:label
  • コンスタンチン・ポベドノスツェフ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of