Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • コンスタンス・ド・カスティーユ(Constance de Castille, 1136年/1141年? - 1160年10月4日)は、フランス王ルイ7世の2番目の王妃。父はカスティーリャ王アルフォンソ7世、母はバルセロナ伯ラモン・ベレンゲー3世の娘ベレンゲラ・デ・バルセロナ。スペイン名はコンスタンサ・デ・カスティーリャ(Constanza de Castilla)。1154年にルイ7世と結婚した。ルイ7世は、最初の妻アリエノール・ダキテーヌと1152年に離婚していた(アリエノールはイングランド王ヘンリー2世と再婚した)。コンスタンスとルイ7世の間には2女が生まれた。 マルグリット(1158年 - 1197年) - イングランド王ヘンリー2世の息子若ヘンリー王と結婚、のちハンガリー王ベーラ3世と結婚。 アデライード、アデールまたはアリス(1160年 - 1220年頃) - イングランド王リチャード1世(姉の先夫の弟)と婚約(結婚に至らず)、のちポンチュー伯ギヨーム4世と結婚。コンスタンスは1160年、次女の出産時に産褥死した。先妻アリエノールにもコンスタンスにも男子が生まれなかったため、ルイ7世はただちに3人目の王妃アデル・ド・シャンパーニュと結婚し、嗣子フィリップを得た。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1755535 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1064 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 29 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57836522 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • コンスタンス・ド・カスティーユ(Constance de Castille, 1136年/1141年? - 1160年10月4日)は、フランス王ルイ7世の2番目の王妃。父はカスティーリャ王アルフォンソ7世、母はバルセロナ伯ラモン・ベレンゲー3世の娘ベレンゲラ・デ・バルセロナ。スペイン名はコンスタンサ・デ・カスティーリャ(Constanza de Castilla)。1154年にルイ7世と結婚した。ルイ7世は、最初の妻アリエノール・ダキテーヌと1152年に離婚していた(アリエノールはイングランド王ヘンリー2世と再婚した)。コンスタンスとルイ7世の間には2女が生まれた。 マルグリット(1158年 - 1197年) - イングランド王ヘンリー2世の息子若ヘンリー王と結婚、のちハンガリー王ベーラ3世と結婚。 アデライード、アデールまたはアリス(1160年 - 1220年頃) - イングランド王リチャード1世(姉の先夫の弟)と婚約(結婚に至らず)、のちポンチュー伯ギヨーム4世と結婚。コンスタンスは1160年、次女の出産時に産褥死した。先妻アリエノールにもコンスタンスにも男子が生まれなかったため、ルイ7世はただちに3人目の王妃アデル・ド・シャンパーニュと結婚し、嗣子フィリップを得た。
rdfs:label
  • コンスタンス・ド・カスティーユ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of