Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • コンスタンス・エミリー・ケント(Constance Emily Kent、1844年2月6日 - 1944年4月10日)は、自身が16歳であった時に起きた有名な幼児殺害事件の犯人であることを告白したイングランドの女性である。この1865年の「コンスタンス・ケント事件」は、聖職者が告解で知り得た内容を守秘できる法的な権利(priest-penitent privilege in England)のあり方について、議論を呼ぶことになった。なお、ケントは晩年に名前をルース・エミリー・ケー(Ruth Emilie Kaye)に変えた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2790084 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 13528 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 36 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56942202 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • コンスタンス・エミリー・ケント(Constance Emily Kent、1844年2月6日 - 1944年4月10日)は、自身が16歳であった時に起きた有名な幼児殺害事件の犯人であることを告白したイングランドの女性である。この1865年の「コンスタンス・ケント事件」は、聖職者が告解で知り得た内容を守秘できる法的な権利(priest-penitent privilege in England)のあり方について、議論を呼ぶことになった。なお、ケントは晩年に名前をルース・エミリー・ケー(Ruth Emilie Kaye)に変えた。
rdfs:label
  • コンスタンス・ケント
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of