Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • コンゴ共和国(もしくはコンゴ=ブラザヴィル)は、隣国であるコンゴ民主共和国(DRC,コンゴ=キンシャサ)と密接な音楽的繋がりを持ったアフリカのネイション(国民/国家/民族)である。コンゴ民主共和国で生まれたポピュラー音楽であるスークースは国境を越えてポピュラーであり、ニノ・マラプやジャン・セルジュ・エッスーのような両国のミュージシャンはこの地域全体を流動的に移動してよく似た様式の音楽を演奏している。ブラザヴィルは1990音代後半の危機まで主要な音楽シーンを擁しており、スークースと他のコンゴのポピュラー音楽の様式の発展に不可欠の役割を果たしたBantous de la Capitaleのような、ポピュラーなバンドを生み出している[1]。ヒップ=ホップグループの"Bisso na Bisso"もまたコンゴ出身である。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2231065 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1813 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 25 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52956708 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • コンゴ共和国(もしくはコンゴ=ブラザヴィル)は、隣国であるコンゴ民主共和国(DRC,コンゴ=キンシャサ)と密接な音楽的繋がりを持ったアフリカのネイション(国民/国家/民族)である。コンゴ民主共和国で生まれたポピュラー音楽であるスークースは国境を越えてポピュラーであり、ニノ・マラプやジャン・セルジュ・エッスーのような両国のミュージシャンはこの地域全体を流動的に移動してよく似た様式の音楽を演奏している。ブラザヴィルは1990音代後半の危機まで主要な音楽シーンを擁しており、スークースと他のコンゴのポピュラー音楽の様式の発展に不可欠の役割を果たしたBantous de la Capitaleのような、ポピュラーなバンドを生み出している[1]。ヒップ=ホップグループの"Bisso na Bisso"もまたコンゴ出身である。
rdfs:label
  • コンゴ共和国の音楽
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of