Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • コンコードは、アメリカ合衆国原産のブドウの一種であるラブルスカ種(別名:fox grape)の栽培品種のひとつである。生食のほか、果汁飲料、醸造用として加工される。 一般的に狐臭いと形容される強い香りのためにワイン用品種としては好まれないが、カシェルワインとして醸造される時もある。伝統的に、ほとんどのコンコードのワインは甘口であるが、果実の成熟に達成するのが適切な場合、辛口のワインを醸造することも可能である。コンコードの果皮は通常濃い青や紫色で、多くの場合、白っぽい蝋で覆われている。果皮が簡単に果実から剥けることから、スリップスキン(slip-skin)品種に分類される。 コンコードの種子は大きく、果実は濃厚な香りを持つ。コンコードは、カリウムの欠乏から黒葉症という生理障害を起こす傾向がある。2011年の米国における生産量は、417,800トン生産された。 主な生産地は、ニューヨーク州フィンガーレイクス、 エリー湖岸 、 オンタリオ湖岸、ミシガン州南西部、ワシントン州ヤキマ渓谷(英語)である。日本では、2010年の収穫量は2,347トンであり、ほぼすべてが長野県産である。生食用に2トン、醸造用に1,985トン、果汁飲料に27トン消費された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2719513 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3122 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 38 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55674080 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • コンコードは、アメリカ合衆国原産のブドウの一種であるラブルスカ種(別名:fox grape)の栽培品種のひとつである。生食のほか、果汁飲料、醸造用として加工される。 一般的に狐臭いと形容される強い香りのためにワイン用品種としては好まれないが、カシェルワインとして醸造される時もある。伝統的に、ほとんどのコンコードのワインは甘口であるが、果実の成熟に達成するのが適切な場合、辛口のワインを醸造することも可能である。コンコードの果皮は通常濃い青や紫色で、多くの場合、白っぽい蝋で覆われている。果皮が簡単に果実から剥けることから、スリップスキン(slip-skin)品種に分類される。 コンコードの種子は大きく、果実は濃厚な香りを持つ。コンコードは、カリウムの欠乏から黒葉症という生理障害を起こす傾向がある。2011年の米国における生産量は、417,800トン生産された。 主な生産地は、ニューヨーク州フィンガーレイクス、 エリー湖岸 、 オンタリオ湖岸、ミシガン州南西部、ワシントン州ヤキマ渓谷(英語)である。日本では、2010年の収穫量は2,347トンであり、ほぼすべてが長野県産である。生食用に2トン、醸造用に1,985トン、果汁飲料に27トン消費された。
rdfs:label
  • コンコード (ブドウ)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of